読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バケモノたちが嘯く頃に ~バケモノ姫の家庭教師~ (電撃文庫)

バケモノたちが嘯く頃に ~バケモノ姫の家庭教師~ (電撃文庫)

バケモノたちが嘯く頃に ~バケモノ姫の家庭教師~ (電撃文庫)

作家
竜騎士07
はましま薫夫
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-10
ISBN
9784049133844
amazonで購入する Kindle版を購入する

バケモノたちが嘯く頃に ~バケモノ姫の家庭教師~ (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

雪紫

最初の絵とお嬢様の現状がかなりショッキングで(表紙、誤解するよね)一端閉じる。・・・だが次第に明かされる「バケモノ」の定義と、結びつきがわかれば、読むペースが止まらない。あとがきで明かされたテーマと合わせてひとつの作品として完成したわ(それがこうなるんかい!と言う妙なツッコミはあるが)。そして脇を固める女性陣が良いキャラしてる。お嬢様がデレデレしていく姿は可愛い。

2021/02/16

まるぼろ

昭和25年の晩夏、御首村の大地主でもある名家の御首家の令嬢の家庭教師として村を訪れた塩沢磊一だったが、その令嬢である茉莉花はとある理由からバケモノ姫と家人から扱われており…というお話です。折しもひぐらし新作が絶賛放送中だったりですが、本書も竜騎士先生らしいオカルトがミステリへ、と言った内容でとても良かったです。そういった意味での「バケモノ」の表現がとても秀逸だったな、と。晴れて自由の身となった茉莉花が…という所で綺麗に〆られてますが、もし続刊するようならば是非続きも読みたいと思いました。

2020/11/20

まっさん

★★★★ ページを開くと表紙の二人が首元に人間の腸を巻き付けているという衝撃の口絵から始まる今作。時は終戦後、昭和25年晩夏において名家の令嬢ながら人肉を喰らうバケモノとして幽閉されている少女の元を訪れる事になった青年が、彼女との触れ合いを通して彼女に人間としてか、はたまたバケモノとしてかの道を選択させる物語。物語は並行して不自然に失踪した八人の村娘の行方や、彼女のバケモノとしての在り方を奪おうとするとある医者の存在などが絡み合っており、それらを上手く繋ぎ合わせる事で一つの物語として綺麗に纏められてい→

2021/03/02

星野流人

ひぐらしでお馴染みの竜騎士07さんが電撃文庫初登場ということで、果たして……と思いながら手に取りました。表紙やタイトルからも分かる通りのグロめのホラーといったストーリーで、おもしろい作品でした。竜騎士07さんらしい仕掛けがあったり、茉莉花やメアリーといった女性陣がとても魅力的に描かれているのも良かったです。作品を読んだあとでタイトルの意図が分かり、あとがきも含めてこの1冊全体でメッセージ性がある作品だと思いました。ストーリーとしては完結していますが、このあとの磊一の物語も見てみたいようにも思える作品でした

2020/11/01

ツバサ

普通、異常は決して交わり合えないのか、それとも…といった感じでバケモノがバケモノらしく生きるためには特異性を殺されてしまったら意味ないよね。最後に明かされた真実にはすっかり騙された〜となり、スッキリとする最後でした。ただ、尊敬される先生がそんな簡単に死ぬのかな?とは思いました。

2021/01/08

感想・レビューをもっと見る