読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大凶ちゃんと太陽くん #誰かじゃなくて君がいい (メディアワークス文庫)

大凶ちゃんと太陽くん #誰かじゃなくて君がいい (メディアワークス文庫)

大凶ちゃんと太陽くん #誰かじゃなくて君がいい (メディアワークス文庫)

作家
星奏なつめ
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-24
ISBN
9784049134636
amazonで購入する Kindle版を購入する

大凶ちゃんと太陽くん #誰かじゃなくて君がいい (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ponpon

「#誰か、「いいね!」を押してくれ」の続編。本巻では、何事にもネガティブ思考の暗野静香とポジティブ太陽寺の2人が主人公。社内コンペに参加することになった暗野だが、ネガティブ思考故に挫けそうになること幾度か、それを支える太陽寺。やがて2人は…。部長と小芋ちゃんがブッ飛んだキャラだったのですが、この2人はそこまでではなかったかな。暗野を支える太陽寺と、それに応えようとする暗野。素敵な関係です。コンペには意外な人物が登場し笑いました。一応はハッピーエンドだが、後書きに厳しい大人の事情。次巻の刊行期待です。

2020/10/28

ゆなほし

シリーズ2作目。社内コンペを任され絶望する超ネガティブ思考女静香に、同じ部署の先輩で超ポジティブ男太陽寺が手を差し伸べ…。相変わらずテンポの良い掛け合いに何度も吹き出し、さらに前巻より胸きゅん度もプラスされてまさに無敵の面白さ!仏滅は欠勤したい!いや大丈夫、僕がついてるからね!何もかも正反対の2人が、どうラブコメするのかと思ったら、期待を裏切らないどころかあまりのピュア度に目が眩む…!チョコレートシリーズ既読者には嬉しいオールスターズもあり! #誰か続きを出してくれ #誰かじゃなくて作者がいい

2020/11/16

assam2005

「#誰か『いいね!』を押してくれ」続編。ここまで運に見放されるかと思う大凶体質OL・暗野と、笑顔の貴公子かつ幸運に見舞われた男・大陽寺。この正反対の二人の恋模様は噛み合いそうで噛み合わない。二人のド天然なボケっぷりと、恋する男女の妄想は果てしなく、ニアミスを繰り返す。そんな二人に負けることなく、センスが壊滅的なOL・小芋とインスタにかける情熱はまさに灼熱地獄の冬真の恋模様も、これまたうまーくすれ違い。とってもピュア過ぎるかわいい恋のお話は、どこか夢見がちで、乙女チックで、ついて行くのが大変でした。(笑)

2020/12/09

ツン

読み始めるまで気づきませんでした、#誰か『いいね!』を 押してくれの続編だったなんて。ちゃんと二組の関係が平行して書いてもらえたのはよかったです。

2020/10/25

ぷに丸

やはり星奏先生の描き出す恋愛模様が大好きだと実感した一冊でした。個性的でありながら、お互いのことを考え絆が強まっている様子は前作より関係性が高まっていてより楽しむことができました。彼らの今後もまだまだ見ていたいと感じたので続編が出てくれることを期待しています。

2020/12/12

感想・レビューをもっと見る