読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

17歳のラリー (角川文庫)

17歳のラリー (角川文庫)

17歳のラリー (角川文庫)

作家
天沢夏月
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-10-23
ISBN
9784049134650
amazonで購入する Kindle版を購入する

17歳のラリー (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

十七歳の春。突如明かされた三年生のエース川木の渡米が平凡な都立高校テニス部に引き起こした波紋。絶対的な才能を持つ彼に対し、なかなか言い出せなかった仲間達の様々な想いが明らかになってゆく青春群像劇。突如明かされた途中で退学も厭わない決意表明に、ダブルスの相棒、女子部のエース、ゆるい部員、幼馴染のマネージャー、部長たちそれぞれの視点から彼への複雑な想いが綴られてゆく展開でしたが、関わってきた川木にもまたいろいろ思うところがあって、そんな連鎖的に明らかになってゆく等身大の熱い想いがなかなかぐっと来る物語でした。

2020/10/23

タカギ

毒にも薬にもならない話だな、というのが半ばまでの印象だった。超高校級テニスプレイヤー・川木と彼を囲む高校生たちの話。川木の周囲の高校生5人の一人称で、連作形式。彼らは川木の才能に接したことで影響され、卒業を待たずに渡米することを知って動揺している。川木の影響力は私には何となく不快だった。5人の語り手たちと同じように胸をもやもやさせられる。いつの間にか毒にも薬にもならない話ではなくなっている。5人の中でも浅井と山本は偉い。私なら「川木は別物」と諦めてしまう。小・中学生に薦めたい。

2020/11/07

稲荷

よかった。表紙からもなんとなく伝わるけど、本当に青春という感じの内容。高校三年生で、まだ大人ではないけど子供とも違うような微妙な時期だからこその悩みに共感できた。また、どの登場人物にもきちんとストーリーがあって深みがあった。

2020/11/12

ツバサ

高校3年生という部活の集大成のときにチームの大黒柱である川木が海外留学に行くことを発表することによって、近くにいた少年少女の揺れる心境を描いていく青春群像劇。どの子の気持ちも分かるし、共感しかない。身近にいた頼りにしていた存在が急になくなるというのは辛い。だけど川木が旅立とうとした理由や部活を想っている気持ちも本物なんだ。

2020/10/29

さお

エースの海外行きを巡って、部員たちの心のモヤモヤを描いた連作短編集。エースはやっぱりすごいなと思う反面、素直に送り出すことができない彼らは等身大の高校生って感じがする。ダブルスとはまた違った魅力がありました。

2020/12/20

感想・レビューをもっと見る