読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ソードアート・オンライン25 ユナイタル・リングIV (電撃文庫)

ソードアート・オンライン25 ユナイタル・リングIV (電撃文庫)

ソードアート・オンライン25 ユナイタル・リングIV (電撃文庫)

作家
川原礫
abec
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-10
ISBN
9784049135312
amazonで購入する Kindle版を購入する

ソードアート・オンライン25 ユナイタル・リングIV (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

前半のユナイタルリングでは息詰まる戦闘シーンの連続に熱くなる。後半のアンダーワールドではドラマにドキドキ。

2021/07/08

あっか

シリーズ最新刊。いっぱいドキドキしたし、おおお!という展開満載で夢中になって読みました。ユナリン編では絶望かと思われたムタシーナ軍とのひとまずの決着(でもまだまだ謎は残る)、アンダーワールド編での封じられたセントラルへの到達、セルカと謎の女性騎士2人、エオラインの人物像(でもまだまだ謎は残る、再)。特に締輪との戦いは緊張感がこちらまで伝わってきたし、ユイの決死の攻撃もハラハラしました。UWはUWで、キリトの星王へのセルフツッコミwが面白かった♡ログアウトまでまだ時間があるから次回はUWからかな?楽しみ!

2021/01/12

まるぼろ

さて今巻は前半がユナリンでのスカルリーパーもどきとの戦闘から始まってムタシーナ達との戦闘へ、後半はUWにてアリスが…と言うお話です。今巻も大規模戦闘ありの様々な布石ありのな内容で面白かったです。ユナリンの方は何を取っても仮想研究会の思惑等についてですがそれ以外にも神邑樒との関係に繋がりがあるのか等色々と気になります。UWの方についてはエオラインの素性が最も気になる所ですが、それは追々分かってくるだろう気もするので、差し当たっては次巻セルカと両隣にいる…の再会がどんな感じになるのかとても楽しみです。

2020/12/12

わたー

★★★★★かつてアインクラッド75層で死闘を演じたザ・スカルリーパーによく似た敵。あの時と違い、攻略組も一戦級の装備もない絶望的な状況で活路を見出そうとするキリトたち。最初からクライマックスで非常に面白かった。また、仮想研究会の襲撃や、アンダーワールドでのエオラインとの2度目の邂逅など、イベントが詰まりすぎていてどこから語っていいのかわからない。とりあえず言えるのは、英語でジョークも言えちゃうアルゴ姐さんがミステリアス可愛い。URもUWもどちらも目が離せないので次巻もスムーズに刊行をお願いしたい。

2020/12/11

highig

( ^ω^)軍師キリト(笑)考案によるまさかの水攻めとユイちゃんの無双乱舞で仮想研究会を撃退する事に成功したキリト軍(仮)は敗残兵を取り込み陣容を拡大するのであった。大きな戦いが終わる度に、宴だ!ドン!!といって肉を喰うワンピースじみた展開は今後も続くのかな?肉余ってるし。まあ女性だけでなく世界も股にかける(笑)キリトさんとしては、お茶会だ!ドン!!と蜂蜜パイをユージオ仮面(笑)と・・・ってなんか食ってばっかだな。物語は進んでいる様で足止め気味、複数路線の宿痾とも言える展開の遅さの解消は今後の課題だろう。

2021/02/03

感想・レビューをもっと見る