読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

魔法科高校の劣等生 スティープルチェース編3 (電撃コミックスNEXT)

魔法科高校の劣等生 スティープルチェース編3 (電撃コミックスNEXT)

魔法科高校の劣等生 スティープルチェース編3 (電撃コミックスNEXT)

作家
佐島勤
蒼和 伸
石田可奈
出版社
KADOKAWA
発売日
2020-12-10
ISBN
9784049135688
amazonで購入する Kindle版を購入する

魔法科高校の劣等生 スティープルチェース編3 (電撃コミックスNEXT) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

こも 零細企業営業

ちょっとキャラクターの配置が違うけどラノベ1冊分をコミック3冊に見事にまとめた。大亜連合侵攻を目論む酒井大佐の暴走を利用して九島烈と周公瑾が手を加えてより悪質にした。そのターゲットは九校戦に参加する高校生達。九島烈は魔法師が戦争に消耗品のように利用され無いために手を加え、周公瑾は未来の日本の戦力を削るために暴走術式を組み込む。最後はお約束に巻き込まれた達也が全てを吹き飛ばす。

2020/12/22

starglory

そうか、前巻のラストで深雪は達也の疲労を心配したのか。達也復調。一校、九校戦にて漸く巻き返し始める。そしてついにスティープルチェース。パラサイドールの暴走を防ぐため休眠させる、か。相変わらず達也の強さは規格外。最後に黒幕?も姿を現して、スティープルチェース編終わり。

2021/03/16

葛宮詠

最後が駆け足だったきがする。

2020/12/11

ミゼ

横浜編に比べ、絵柄も安定してきたと思う。小説版が中編のわりに、前巻および続巻の途中のような、わかりにくい内容だったのを、よくまとめたと思う。#ニコカド2020

2020/12/14

Makotsu

やはりマンガで読むとわかりやすい。このスティープル..編は、敵となるものとの構図がちょっと複雑なので、原作を一度読んだだけでは、経緯がわかりづらかった。絵の方は、魔法科のイメージとは少々違っていたけど、思ったより楽しめた。展開がちょっと駆け足になってしまったのは残念。

2020/12/12

感想・レビューをもっと見る