読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

【ドラマCD付き特装版】神様の御用人10 (メディアワークス文庫)

【ドラマCD付き特装版】神様の御用人10 (メディアワークス文庫)

【ドラマCD付き特装版】神様の御用人10 (メディアワークス文庫)

作家
浅葉なつ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-03-25
ISBN
9784049135992
amazonで購入する

【ドラマCD付き特装版】神様の御用人10 (メディアワークス文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ayafuya-papa

特装版とはいえ、本の内容は通常版と同じとのことでドラマCD「大国主神の願いごと」について。黄金様の声がもっとモフモフしてるのかと思ったのですが、渋い声でした。特に感想無しです(笑)。今回の10巻の表紙カバーのイラストは通常版も特装版も明るくていいですね。さて《黄金編》の後々の次は、《抹茶パフェ編》か。浅葉なつさんの次の神様モノが待ち遠しいですね。

2021/04/04

和未

壮大な話になって、どーなるん?ってなったけど、面白くて面白くて!背中がぶるっとした! ラストでニヤニヤ🍀番外編楽しみ CDきかなきゃ!聞いた!最高すぎた!すっと入ってきたよー!また出してほしい!

2021/05/07

みっちぃ

黄金編最終巻。黄金編ということは、続編があるのか。黄金を荒脛巾神(黒龍)から分離して、「大建て替え」を阻止することはできるのか…。ま、できるんだろうけどと思いつつ読み始めたわけだが…。阿弖流為、母礼の最期のシーンとか、神々が「人の子の生き死には神にとっては木の葉が舞い落ちるのと同じ、小さなこと」と言いつつも、「それでも愛おしい」というところとか、なんだろう、全編を通して泣かせに来てる勢いで。神様たちに感情移入したり、良彦に感情移入したりして、とても気持ちが高ぶったまま読んだ。さて、9巻10巻を再読するぞ。

2021/04/11

k-katayama

完結編 第10巻まで読了できたことで、自己満足。このシリーズを読み始めてから、私は、神頼みをやめて神様には感謝することにしてきました。これからも、そうやって豊かな余生を楽しみたいと思います。

2021/04/10

大海

黄金に良彦が居て良かった。

2021/04/01

感想・レビューをもっと見る