読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

アエカナル(1) (電撃コミックスNEXT)

アエカナル(1) (電撃コミックスNEXT)

アエカナル(1) (電撃コミックスNEXT)

作家
笹倉綾人
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-01-27
ISBN
9784049136289
amazonで購入する Kindle版を購入する

「アエカナル(1) (電撃コミックスNEXT)」のおすすめレビュー

自殺予定だった男×姿なき神に800年仕え続ける少女。2人が手に入れた第2の生の物語

『アエカナル』(笹倉綾人/KADOKAWA)

 日々を生きている中で、「もうダメかもしれない」「いっそ死んだ方がラクなのでは」「消えてしまいたい」と思ってしまう瞬間を経験する人も少なくない。実際、そうして自ら命を絶ってしまう悲しい事件も日常的に起こっている。しかしそんな中にいたとしても、生きている間は何が起こるか分からない。思わぬ出会いによって救われることもある。『アエカナル』(笹倉綾人/KADOKAWA)は、まさにそんな出会いによって再び生きる希望を持つことができた、1人の男の物語。

 本作品の主人公は、寝る間もないほどハードな仕事に追われるブラック企業に就職してしまい、精根尽きて死に場所を求めて山奥へとたどり着いたサラリーマン・定井光臣(サダイ)。サダイは自殺サイトの実践マニュアルを頼りに山に来たものの、スマホの電波が入らず死ぬ方法が分からなくなってしまい、どうにか電波を拾おうと四苦八苦していた。そんな中、1人の少女が木の枝に紐を括りつけている場面を目撃する。サダイは彼女が自殺しようとしていると思い込み、思わず飛びついてそれを阻止――したのだが。…

2021/3/1

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アエカナル(1) (電撃コミックスNEXT) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ホシナーたかはし

カバーに惹かれて購読。定井君の田舎生活で、ようやくスーパーダーリン(すぱだり)の意味が、すっきりはっきりしました。今後も暗い展開にならないと良いのですが。

2022/03/13

月子

絵も可愛いし、内容も好き。

2021/03/21

玉瑛

登場人物(今回はほぼ2人)がみんな可愛い。あるラノベのスピンオフ漫画を書かれている頃から、上手な作家さんだなぁと思っていたが、アップデートされて素晴らしいと思う。この先の展開が早く読みたい。

2021/02/20

我門隆星

ブラック会社(?)の社畜男性が自決のために山に入ると、八百比丘尼のロリババアがいて、二人で「キャッキャウフフ」と相思相愛で過ごすようになる青年(?)漫画。第三話「わらびを生で食う者など五百年ぶりに見た」の台詞が趣深い。

らいう

この方の描くロリババが大好きです

2021/04/26

感想・レビューをもっと見る