読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ドラキュラやきん!3 (電撃文庫)

ドラキュラやきん!3 (電撃文庫)

ドラキュラやきん!3 (電撃文庫)

作家
和ヶ原聡司
有坂あこ
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-07-09
ISBN
9784049138726
amazonで購入する Kindle版を購入する

ドラキュラやきん!3 (電撃文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

よっち

日常に戻りコンビニ夜勤に勤しむ吸血鬼・虎木のもとに、未晴から許嫁との縁談を破棄するため、虎木に恋人のフリをして京都の比企本家まで来てほしいと依頼される第二弾。未晴の結婚話が急に具体化することになったファントム界隈の事情。気になるあまり協定を破って京都に向かうアイリス、そして彼女と合流する未晴の婚約者・七雲。婚約絡みのドタバタ劇と思っていたら予想外の急展開で、ついでにいろいろな過去も明らかになりましたふぁ、虎木はこれからも周囲の様々な事情に巻き込まれそうですね(苦笑)そんな予感がした今回も面白かったですね。

2021/07/10

サケ太

コンビニ勤務の吸血鬼京都に行く。異形の存在を現実世界に落とし込む世界観の作り方が好き。そして、敵の行動に具体性を持たせ方もうまい。徐々にアイリスの背景も明かされていくわけだが、どのようにつながっていくのか。楽しみ。

2021/07/27

げんごろう

由良と未晴の偽装婚約を皮切りに舞台を京都に移しての大暴れ。 二人の様子に心穏やかではないアイリス。女同士の戦いは見ていて楽しい。 新たなファントム達も登場し彼らの事情、そして過去を含め様々な事実が明らかになってきてこれからの展開に期待が持てる一冊でした。

2021/07/27

真白優樹

愛花の騒動から時間がたち年も明ける中、突如持ち上がった未晴の縁談の阻止のため由良が京都へ向かう今巻。―――淘汰か共栄か。すれ違う火花は燃え上がる。 小休止と思ったのも束の間、ファントム達の思惑が交錯する京都を舞台に新たな戦いへ巻き込まれていく巻であり、共存を望むからこそ起こされた革命の目撃者となる、新たな戦いの始まりを告げる巻である。誰が正しいのか、間違っているのか。それはまだ分からず、その手は届かず、思いは打ち砕かれ。果たして、新たな燃え上がる火種はどんな影響を齎すのか。 次巻も勿論楽しみである。

2021/07/11

ツムラ

1巻から登場しているヒロイン・比企未晴(ひきみはる)にスポットを当てた3巻。 未晴、好きなんですよね…… オタクだからこういう最初から主人公に想いを寄せてるタイプのヒロインをすぐ好きになってしまう。 報われないのはわかってるのに……オタクの悲しい性…… 2巻を経て、メインヒロイン・アイリスが自分の気持ちをハッキリ意識したことからラブコメ的にも面白くなってきたと思う。

2021/07/12

感想・レビューをもっと見る