読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

姫神の巫女 3 (電撃コミックスNEXT)

姫神の巫女 3 (電撃コミックスNEXT)

姫神の巫女 3 (電撃コミックスNEXT)

作家
介錯
姫神の巫女~千ノ華万華鏡~
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-12-25
ISBN
9784049140781
amazonで購入する Kindle版を購入する

姫神の巫女 3 (電撃コミックスNEXT) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おこげ

嘘で塗り固めた演技の中に秘めた媛子の想いが今、実を結ぶ。あの日あの時あの場所でキスが出来なかったのはひめちかが互いに好きがすぎるから💟温かく優しい最後のキスは二人の時間が始まるキスなんだ…ヒロインがヒロインを連れ出すなんて気分高まるシチュを実現し同衾しては毎夜執り行う愛の儀式とカバー裏まで全力全開バカップルめっ♡甘くとけるユリスマス過ごせば千華音のポエムも絶好調~ドキドキチュッチュ止まらない止められないぃぃ///💕🙏永遠に添い遂げてくれるこの煌めく世界で幸せなひめちかをいつまでも見守らせてください。

2021/12/25

もっち

怒涛のネタばらし、押し付けられた宿命への決別、そして愛溢れるハッピーエンド…正しく堂々の完結でした 大切な人を曇りなく大切にできる幸せが末永く続いていきますように 巻末の植竹氏の文章も興味深かったです

2021/12/26

nanairoyagi

嘘で塗り固めて綱渡りを渡り。結局、媛子愛されまくりという。愛だよ、愛。

2021/12/27

Yamineiko

少し前に前作の漫画版神無月の巫女を読み終わったばかりだったので、こんなに素直なハッピーエンドで終わるのは意外だった。この先も苦労はありそうではあるけど。 媛子が残した日記の一部を千華音が見つけて、媛子が今まで何を思いながら千華音と接していたのかがわかるシーンが良かった。 巻末の神無月の巫女のシリーズ構成の植竹須美男氏の長文コメントから並々ならぬ百合や神無月の巫女シリーズへの情熱が伝わってきてよかった。 柳沢テツヤ監督のコメントとイラストも良かった。 介錯先生をはじめ、作品への愛が伝わってくる一冊だった。

2022/07/17

Kamikami

最終巻。本編と比べても遜色のない熱量のポエム。嘘も貫き通せば真になるとはよく言ったものだと思う。

2022/01/12

感想・レビューをもっと見る