読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

妖怪最強王図鑑 (最強王図鑑シリーズ)

妖怪最強王図鑑 (最強王図鑑シリーズ)

妖怪最強王図鑑 (最強王図鑑シリーズ)

作家
なんばきび
多田克己
出版社
学研プラス
発売日
2017-12-26
ISBN
9784052047664
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
小学生に圧倒的人気のシリーズ第4弾。テーマは、まさかの妖怪! ヌエ、九尾の狐、酒呑童子、大天狗、ヤマタノオロチらが、妖怪最強の座をめぐってトーナメントを繰り広げる。迫力の誌面、ワクワクする展開。エンタメ図鑑の大傑作登場!!!!

妖怪最強王図鑑 (最強王図鑑シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

百~百五十km/hで走るテケテケ=3恐ろしい《輪入道》は、見ただけで魂を吸われるうえに子まで殺される理不尽さ…。岐阜の両面宿儺と徳島の夜行さんの戦い、格好いいな。web漫画『ジンメン』にも出てくる、7~8mもある巨大な土蜘蛛。体長80mの蛇女として描かれている濡れ女。友成しぇんしぇえの『ナイトブリード』では尻尾だけで三町≒330mもあったのに、大分縮んだな…。パツキン巨乳・セイレーン※ただし下半身は魚!オカルト科学雑誌『ムー』の学研プラスから今年出たばかりの新作児童書@福津municipalカメリア図書館

2018/03/30

hannahhannah

日本の妖怪たちがトーナメント方式で激突する。全体的にサイズが大きく、数mあるものが目立つ。一反木綿って10.6mもあるのか。手長足長が40m、龍神が50m、濡れ女が80m、大百足が100m、八岐大蛇が150m。エキシビション・マッチにのみ参加の3体のうち、海坊主は700m、イクチは2km、ダイダラボッチは1km。みんな想像上の生物なので、パラメータはどれも高め。MAXだったりMAXを振り切ってるのも結構いる。決勝はバランス型の2体だった。ダイダラボッチが本戦に参加してたら彼が優勝していただろう。デカすぎ。

2018/04/16

感想・レビューをもっと見る