読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

何かが奇妙な物語 緩やかな別れ (M+C)

何かが奇妙な物語 緩やかな別れ (M+C)

何かが奇妙な物語 緩やかな別れ (M+C)

作家
伊藤潤二
澤田薫
出版社
学研プラス
発売日
2020-06-25
ISBN
9784052052309
amazonで購入する

何かが奇妙な物語 緩やかな別れ (M+C) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あたびー

#日本怪奇幻想読者クラブ YA どうも、伊藤潤二氏の既存漫画を一部小説に変換して挟み込んだものらしく、オリジナルではないようだ。目次の脇に小さな字で説明書きが書いてあった。漫画に興味のある若い読者に、散文にも興味を持ってもらおうと言うものなのか。こちらはなんとなく文章になっている部分も漫画で読みたいと思ってしまう。なぜって、伊藤潤二氏の絵は、やはり文章でどうこう表現できる物ではないような気がするからだ。読み終わったら誰か年若のやつに下しおいて伊藤潤二信者に転換させようか…

2020/12/17

ギプス

【図書館本】 潰談の壁一面に貼りついていたもののインパクトが最高!

2020/10/19

感想・レビューをもっと見る