読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

崖の下の魔法使い (ティーンズ文学館)

崖の下の魔法使い (ティーンズ文学館)

崖の下の魔法使い (ティーンズ文学館)

作家
吉野万理子
宮尾和孝
出版社
学研プラス
発売日
2021-09-02
ISBN
9784052054075
amazonで購入する Kindle版を購入する

崖の下の魔法使い (ティーンズ文学館) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

☆よいこ

児童書。小学6年生のミケは運動が得意で明るい女の子。転校先でもうまくやっていく自信があったのに何故か失敗した。ミケは海辺の崖下にある「おもいで質屋」と呼ばれる不思議な家に出会う。そこには魔法使いがすんでいて、子供の要らなくなった思い出を買い取ってくれた。ミケは友達になった大河、夕紀と一緒におもいで質屋に通う。▽忘れたい思い出を魔法でスッパリ忘れさせてくれてお小遣いまで貰えるとか小学生にとって夢のような話で、ワクワクする。しかも思い出したかったらお金を返して取り戻し可能。優しい魔法使いさんでした。

2021/09/17

tomtom

子どもが面白いと言っていたので読みました。思い出を預けたら記憶から消えてしまうけど、辛い思い出も必要と気づくミケたちはすごい。子どもが安心して寄れていろいろ話す場所、相手が居るのは素敵だな。

2021/12/08

cooky

読んじった。🐌

2021/12/22

如月小町

思い出を買う魔法使いと、その家に来る小学生たち。ファンタジー要素だけでなく、友情や家族への思いがしっかりと書かれていて、優しい思いで読了。

2021/11/06

kikiみみ

読みながら、デジャブ。これは前に読んだ「想い出あずかります」の小学生バージョンだ。前はYAだったので恋愛物語みたいだったな。今回はお店は同じでも預けたい想い出が可愛い(それぞれ切実なんどけど)そのせいか、魔法使いさんが気になる。優しそうでも憂いを秘めていて、海辺で語る姿は儚く、切なく感じた。魔法使いさんの物語を読みたいと思った。

2021/11/22

感想・レビューをもっと見る