読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ナイツの言い間違いで覚える日本史

ナイツの言い間違いで覚える日本史

ナイツの言い間違いで覚える日本史

作家
ナイツ
出版社
学研プラス
発売日
2013-07-09
ISBN
9784054057449
amazonで購入する

ナイツの言い間違いで覚える日本史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

スパシーバ@日日是決戦

{2013年} NHK「青山ワンセグ開発」(早稲田予備校の予備校生の前でネタを披露)で放送されたものの書籍化。受験生が本当に勉強しようと思ってこの本を手にしたとしたら、相当追い詰めらている、という指摘に思わず苦笑。史実を知らなければ面白みも半減。小説やゲームなどでお馴染みの戦国時代や幕末は、大学入試で出題されることは稀だったと記憶している(不思議だなぁ~)。「人に歴史あり」。皆様のご先祖様にあたるかもしれない可能性もなきにしもあらず。後世に名を残した登場人物たちよ、いざ!

2016/03/20

bianca

本当に早稲田予備校の予備校生の前でやっていたNHKの番組だったらしいが、観たことはない。あわよくば、日本史の知識が増えるかも?と思い借りてきたが、気持ちいいほど、思いっ切り話が逸れるので…。お約束で教科書に載っていない㊙エピソードから最終的には漫才協会の○○師匠の話へ。ほとんど、自分には初見の○○師匠たち。ザ・風林火山師匠は何度か登場したので覚えてしまった。漫才協会も渋いし、昭和時代も知らないと分からない言い間違いも多いし、江戸が必ずエロになるし、学生の皆さんにはどうなんだろう?私は大笑いでしたが。

2015/02/12

drago @藤井聡太くん応援中。

NHK番組の書籍化。中学・高校時代、歴史の年号を語呂合わせで覚えたように、言い間違いで日本史の人物や出来事を覚えよう、という趣旨。発想は面白いんだけど、どこまで覚えられるか微妙。せいぜい中学の歴史までかな・・・。 ☆☆☆★★

2013/10/09

山田

NHKで放送されていた番組の内容を本にまとめたもの。 ナイツの漫才(ボケ)はとても面白い。さすが漫才教会の理事を務めているだけある。ただ、それは映像で見る独特の「間」があって初めて成立するものではないか?とも思う。実際文章になってみると、どうもツッコミがいまいち伝わりにくい…。そして覚えにくい…。 番組の内容をそのまま本にしたのは分かる。さすがは天下のNHK。ただ、何でも本にまとめれば良いというわけでもない気もするのだけど…。 ただ、決して本の内容が悪いわけではないですので。

2014/01/21

さかな(旧asa)

図書館でたまたま目について借りてみた。言い間違いの内容が(世代的に)分かったり分からなかったり。歴史の勉強になったりならなかったり。全体的にはたまにクスッと笑えてたまに知識が増えた気分になるそんな本。気分転換に軽く読むのに丁度良いかも。番組を見てみたかった。

2015/03/16

感想・レビューをもっと見る