読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

小さな恋のものがたり 第44集

小さな恋のものがたり 第44集

小さな恋のものがたり 第44集

作家
みつはしちかこ
出版社
学研プラス
発売日
2018-10-02
ISBN
9784054066656
amazonで購入する Kindle版を購入する

小さな恋のものがたり 第44集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

水無月

まんが本は登録しないつもりでいたけれどこの本は特別😃あとがきを読み重い病気でペンが握れず絵も字も思うように描けなかったそう。元編集者の人に励まされ再びペンを執りチッチとサリーを読者に届けてくれました。80近い御年なのに変わらない純情恋物語が描けるって凄い‼️

2020/10/15

ジロリン

オビの小田和正の写真&コメントに魅かれて初・ちいこい。あと「ええ!44集が出るの!?」という声が多かった理由を知りたかった、というのもある。しかし主人公二人の設定がいまだに高校生のままだ!というのに驚いた。このへん「はーい!アッコです!」とごちゃ混ぜになってるんでしょうな。内容は…いまさらワタシがあれこれ言うようなことじゃないんで触れませんw

2018/10/27

MINA

本屋行って目を疑った(笑)嬉しい!サリーとの別離が衝撃的だったラストから4年。その後のチッチが描かれる。1巻から読み返してみたい。母親が持っててずっと愛読してた。著者が。みつはしちかこさん、無理せずゆっくりでいいので描き続けてほしいと願う。スウェーデンでサリーが勉強してチッチを想ってる1ページにどこか救われた。表紙と同じチッチとサリーイラストのポストカードも嬉しい。お兄さんによそ見せず出来ればずっとサリーに片想いし続けて、いつか報われますように。松本さんのクールさ凄い。“永久拒絶人間”てなんだ?(笑)

2018/10/06

のりちゃん

子供…っていうか、ほんとに小さい頃から、家にあり(姉が読んでた)、かかりつけの小児科医にあり、よく手にしていたチッチとサリーの物語。サザエさんみたいに永遠にほんわり時を刻むんだろ~な~と思っていたら、まさかの43巻でチッチとサリーの別れ(…ってか、高校生で、物理勉強したくて、スウェーデン行くって無理やりだな~って思ったり)。不自然すぎる~と思っていたら、まさかの44巻。復縁はなかったけど、少しずつ元気になってくチッチのその後。43巻から44巻の流れは、病気して気弱になってた作者の気持ちの表れなんだな~。

2018/10/16

はなちゃん

安曇野でみつはしちかこ展があることを知り、車をすっ飛ばし会場でこの44巻に出会いました。まさか新刊が出ているとは知らずびっくり!小田さんの帯にもびっくり!とにかくみつはしちかこ先生がお元気でまたこの作品を描いて下さることに感謝。

2019/05/06

感想・レビューをもっと見る