読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

箱庭―HAKONIWA (もえぎ文庫)

箱庭―HAKONIWA (もえぎ文庫)

箱庭―HAKONIWA (もえぎ文庫)

作家
ゆりの 菜櫻
槇 えびし
出版社
学研プラス
発売日
2009-01-20
ISBN
9784059040859
amazonで購入する Kindle版を購入する

箱庭―HAKONIWA (もえぎ文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

テキサスの牛飼い

☆☆ 表紙買いでした;設定が凄過ぎて話が負けてる感漂う・・・舞台が海外なのにメインは日本人オンリーってのが不思議でした

2009/01/25

わよし

受けも攻めも執着が中途半端。

2009/01/26

あると

あー、えーっと何というか、詰め込みすぎ?って、それ以前に、え?ん?が多すぎて…。多少、場面によってはうるっとしないでもなかったけど、続かず。エッチシーンで全くドキドキしないのは何故!?作者名のかわいさと表紙とタイトルでしっかりつられた。

2010/07/02

もりもり

限りなく中途半端。せっかくスケールのデカイ話にしているのに、これを1冊で収めようとしたツケが見事に出てしまってる。全然受けや攻め、間男の感情の機微が伝わってこない。小冊子の内容も「そっちかよっ!」となってしまってがっかり。★2に近い★3。

2009/02/04

みゅうあー

これが商業誌になるのか… 表紙が素晴らしいだけに余計に悲しい。

2009/01/17

感想・レビューをもっと見る