読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キャンディ・キャンディ (7) 講談社コミックスなかよし (301巻)

キャンディ・キャンディ (7) 講談社コミックスなかよし (301巻)

キャンディ・キャンディ (7) 講談社コミックスなかよし (301巻)

作家
いがらしゆみこ
水木 杏子
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784061083011
amazonで購入する

キャンディ・キャンディ (7) 講談社コミックスなかよし (301巻) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐっち

キタキタキタキター!たぶんキャンディ・キャンディで一番有名な「階段シーン」!今読んでもやっぱりせつないよう~~!!それとステアの「キャンディがしあわせになり器」!いいですね。アルバートさんが自信なさげだと今読むと若造に見えます。

2012/05/19

しゅわ

あまりの展開に再読の手がとめられない状態です。記憶をなくしたアルバートさんのお世話をするかたわら、看護婦の試験に受かり、さらにがんばるキャンディ。テリィはロミオの大役を射止め、キャンディをブロードウェイに招待しますが…運命のいたずらは残酷で…と波乱万丈の展開です。何度読んでも駅でキャンディを見送るステアの後姿が切なすぎる。正直、リアルに読んでいた子供の頃はスザナが大嫌いでしたが、いまになると彼女の苦悩も葛藤もわかる気がします。

2013/06/17

絵具巻

文京区立真砂図書館で借りました。

2015/03/14

夕葉

スザナがもっと酷い人なら…そう思います。テリィとキャンディには幸せになってほしかったけど、そういう道を選ばせるのが名木田先生のような気もしました。ステアの「幸せになり器」、…ステアは何考えてるんだろう…。

2012/05/27

chatnoir

スザナかぁ...テリュース×キャンディーのファンには毛虫のように嫌われていたよね。そして、まだ邪魔をするのか、ニール!(笑)

2015/11/12

感想・レビューをもっと見る