読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

でんせつの きょだいあんまんを はこべ (講談社の創作絵本)

でんせつの きょだいあんまんを はこべ (講談社の創作絵本)

でんせつの きょだいあんまんを はこべ (講談社の創作絵本)

作家
サトシン
よしながこうたく
出版社
講談社
発売日
2011-10-01
ISBN
9784061324817
amazonで購入する

ジャンル

でんせつの きょだいあんまんを はこべ (講談社の創作絵本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

グレ

古賀市立図書館でジャケ借り。なんだこの『テラフォーマーズ』感www やっぱりこうたく先生は面白い。なんと、福岡生まれのよしながこうたく先生は、読友がんぷ氏の出身大学の先輩であったか!歳も3つしか違わんし、学内で何度かすれ違うとるんじゃ!?!?※餌を巣穴に運ぶ働き蟻は、実際は全てメスです。

2018/02/10

nakanaka

人間が落とした餡饅を自分たちの巣穴まで持ち帰るという話ですが、食料とはいえ蟻たちからすればあまりにも巨大過ぎます。多大な犠牲を払いながらもやり遂げる壮大なストーリーでした。絵の細部にもこだわりがあるようで楽しめましたが、絵の力があり過ぎて若干暑苦しさも感じました。笑

2017/09/18

kimi

なんということでしょう\(^o^)/ストーリーも絵も期待以上でした!!とにかく、読んだ方が良いです。期待以上ですよ!というより、ラストがすごいんです! まさかまさかの…。読んだ方が良いです!

2015/12/07

ゆのん

【絵本】この表紙の濃い目の顔のおっさん…アリなんです。 しかも、ただのアリでは無い。アリの勇者なんです。女王アリと長老アリから重要なミッションを受けたのです。ある日、空から降ってきた『あんまん』を巣穴に持ち帰る。しかも、そのままの姿で…。アリ目線のあんまんの巨大なことといったら。体の小さなアリでも、諦めずに力を合わせれば無理難題に思える事でも成し遂げる事が出来る。絵といい、ラストのオチといい子供が食い付きそうな絵本。大人の私もラストでは笑ってしまった。

2021/10/22

蛇の婿

濃ゆい!最初から最後まで読んでいる間中、笑わずにはいられませんでした。いいなあこの絵本ww表紙はわれらが英雄、アリヤマ・アリロウですw

2013/07/09

感想・レビューをもっと見る