読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

声優魂 (星海社新書)

声優魂 (星海社新書)

声優魂 (星海社新書)

作家
大塚明夫
出版社
講談社
発売日
2015-03-26
ISBN
9784061385672
amazonで購入する Kindle版を購入する

「声優魂 (星海社新書)」の関連記事

大塚明夫「待たせたな」 人気ベテラン声優と「2BRO.」兄者弟者の共演に「耳が幸せすぎます」とファン大興奮!

『声優魂』(大塚明夫/講談社)

 「メタルギア」シリーズのソリッド・スネーク役や「攻殻機動隊」のバトー役などで知られる声優の大塚明夫が、2020年4月20日(月)に人気実況者ユニット「2BRO.」の兄者弟者と共演。豪華コラボの実現に、ファンからは「間違いなしの神回! 耳が幸せすぎます!!」「低音美声ボイスの揃い踏み。男でも聞き惚れてしまう…」「全員声がどちゃくそ渋くてかっこいい!」と大興奮の声が上がっている。

 「2BRO.」は兄者と弟者、そして編集担当・おついちの3人からなるユニット。主な活動場所はYouTubeで、様々なジャンルのゲーム実況動画を投稿している。登録者数270万人超えという高い知名度を誇り、過去にはタレントの本田翼とコラボを行ったり、ラジオ番組「オールナイトニッポン」にてユーチューバー初のパーソナリティを務め話題を呼んでいた。

 トークスキルや熟練したゲームプレイもさることながら、兄者弟者のダンディな声も大きな魅力。とくに弟者は大塚と似た声質を持っていることで知られ、本人もそれを武器としてソリッド・スネークの声真似などを度々…

2020/5/7

全文を読む

関連記事をもっと見る

声優魂 (星海社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

西郷レビュアーズ 裏オプVer.

この本を読みながら思い出しましたが、自分がむかし制作進行をしていたときに、プロデューサーがあるアニメのヒロイン役について「誰の声でも合っているように聴こえるから、じゃあ売れる人で! 」と言って声優が決まったという話をしていました。人気だけでも実力だけでも駄目なんですね。その両方+αが必要なようです。声優を志す方が読むと心が締め付けられることが多いのではないかと思います。声優は生き方だという言葉がありましたが、声優だけではなく他の職種でも十分に活用できる考え方も多く、参考になるような話もありました。

2015/03/29

岡本

声優好きとして購入した一冊。「声優だけはやめておけ」とのキャッチコピーどおり如何に声優という仕事が理不尽で苦労の多い仕事という解説と著者の声優人生を語った内容だった。所々で実名も出てくるのと何となく誰の事を言っているのか分かる部分がありクスッと笑えたり。声優に興味がある人以外にも仕事や人生の心構えを説く部分もあるので是非。

2015/10/10

cozicozy

ネットで発売を知り、ネットで注文。ちょっと温めてから読書開始となりました。声優として活躍されている大塚明夫さんの生きることへの覚悟が綴られた、声優・大塚明夫の哲学を感じた一冊となりました。大塚さんの思う声優道、世代の異なる新人に対する思いなど。ご自分の人生と声優としての活動は、生きることへの覚悟によって、現在に至る。生きた証、証明。大塚さんの人生だから、自分の生きた道には己の責任によって得た結果の現在がある。声優を志す者以外にも、生きることへの覚悟を改めて考えさせてくれる本だと思いました。大塚明夫さんとい

2015/07/24

papako

『声優』がもてはやされる今の世の中、『声優』を目指す人たちに向けた言葉かと思いましたが、どんな世界にも言えることが書かれていました。大塚明夫さんの作品を見ていなかったり、声優というものを意識していないと難しいかも。声優始めアニメの世界で食べていけるようになるのは至難のわざなんですね。見るアニメを声優で選ぶこともある私が、漠然と抱いていた声優さんの好みがはっきわかった気がします。しかし、『生産世界』の方が『声優』よりも生きやすいと書かれているのは違和感。さて今日は大塚さんの出てるアニメを見よう!

2015/06/24

詩 音像(utaotozo)

タイトル通りの「声優魂」が炸裂。大塚明夫の骨太な役者人生が、本人の語り口のままに綴られている印象。文字を目で追っていても、あの独特の声で脳内再生され、読んでいるだけで実に心地良い。声優としての「育ての親」たる故・納谷六朗夫妻との絆や、その二人が運営する事務所への忠誠、また夫妻の息子であるマネージャー気質の現社長との絶妙な阿吽ぶりなどは感動的で、思わずジンと来た。舞台にも立つ役者でありながら、声優と呼ばれることにはまるで抵抗がなく、むしろそれが誇り。もっともっと大塚明夫の声を聞いてみたくなる一冊。

2015/04/19

感想・レビューをもっと見る