読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

2999年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)

2999年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)

2999年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫)

作家
渡辺浩弐
TAGRO
出版社
講談社
発売日
2013-05-10
ISBN
9784061389472
amazonで購入する

2999年のゲーム・キッズ(下) (星海社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

朝霧

種の話が結構好き。終わった後ににこにこしてしまう感じ。きちんと?ダークな話もありましたが、楽しかったです。

2013/06/02

hukubo

雑誌掲載時、連載を追いかけていたのが10年近く前…そして現在、薄れかけた記憶の中でシリーズ再読終了。とても切ない。まず作品の構造として、ショートショートかつ全体像として無限ループを思わせる作りなんですが。連載時、当時小学生の私はループ構造には気付かず、読み切りSF(少し・不思議)としてのみ受け取り、しかしインパクトの強さ故、その後の10年間でも作品内のアイデアがボンヤリと反芻される事が多々あったんです。

2013/05/15

北白川にゃんこ

素晴らしい。ラストの話の改革の予感がワクワクしますね。

2014/02/10

K-Wing

結局塔とは何だったのか。 全体的に凄く不思議な感覚、現実なのか。

2015/02/02

十日

上が売り切れだったので、下から。レイスの話が一番よかった。レイスの続き読みたいかな。

2014/07/06

感想・レビューをもっと見る