読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)

作家
前野ひろみち
KAKUTO
出版社
星海社
発売日
2016-08-11
ISBN
9784061399464
amazonで購入する

「ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS)」の関連記事

本好きが選ぶ今週のおすすめライトノベルランキング!! 【9月第2週】

 国内最大級の本好きコミュニティ「読書メーター」で話題になった本の中から、1ヶ月以内に発売された「ライトノベル」のランキングを毎週お届け。本好きな人たちは、“今”どんな作品に注目しているのか? 気になる作品があったらぜひチェックしてみよう!

同ランキングでは、読書メーター利用者が直近1週間に"読んだ本”として登録した作品のうち、登録数が20以上でレビュー率の高い「ライトノベル」を抜き出して発表。本記事内のリンクをクリックすると読書メーター内の作品レビューを読むことができます。

ライトノベル部門

1位

灰と幻想のグリムガル level.9 ここにいる今、遥か遠くへ (オーバーラップ文庫) 十文字青

2位

東京レイヴンズEX4 twelve shamans (ファンタジア文庫) あざの 耕平

3位

緋弾のアリアXXIII 不可知の銃弾 (MF文庫J) 赤松 中学

4位

カゲロウデイズ VII -from the darkness- (KCG文庫) じん(自然の敵P)

5位

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉15 (MF文庫J) 川口 士

6位

魔法使いと僕1 (オーバーラップ文…

2016/9/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

ランボー怒りの改新 (星海社FICTIONS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

隙あらば手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

可愛らしいお話をゆるゆると読み始めたら、あら、短編集だったのね♪ ■どれも安心して楽しめました。軽い洒落っ気と少しの神秘、何もかもが奈良の魔力に包まれて奇想にも妙な納得感がありました。佐伯さんが魅力的。■本編の味わいを深め虚実の彼方に放り出す解説。「あの作家なのか?夜は短いのか?」と思うにはちょっと勢いが弱い様な。ひょっとしたら全て 解説の仁木氏の手になるのか? あるいは夜が短いのは長脛君で、作者が作家になることに限界を感じて他の道を選んだ、という作中の弁が本命なのか?(初出 2012〜2016年)(→続

2017/09/28

スパシーバ@日日是決戦

A (2016年) 各短編の評価は以下の通り。「◎ ランボー怒りの改新/ナラビアン・ナイト/近鉄と満月」「〇 佐伯さんと男子たち1993」。著者の正体を巡り、社内の読み友仲間で4つの見解に分かれたいわく付きの書(1.新人 2.M見登美彦 3.M城目学 4.2人乃至3人のアンソロジー)。ブリーフの柄は水玉なのか? 夜は短いのか? 鹿は喋るのか?など興味は尽きない(小生は2番と予想)。大変オモチロく、ミステリアスな××女史の魅力にもメロメロ。昨年読んでいたら間違いなくNo.1に推していたであろう!

2017/01/11

みかん🍊

奈良を舞台にあほな純情中学生男子は鹿煎餅を持ち歩く美少女に恋をし、大化の改新にダンボーがランチャーをぶっ放し、アラビアンナイトには魔術で動物に変身させられ、作家を目指し生駒山に籠もって小説を書く浪人生と現実か夢か小説かの4編の短編集。夜が短い彼の方疑惑はあのエロいシーンは毛玉の方には書けないであろうから却下だが、もしや長脛くんは?「近鉄に乗ればどこへでも行ける。伊勢でも京都でも、満月でも」キーワード謎の美女佐伯さんで繋がっている。奈良を知る人には特に楽しめるランボーと大化の改新に詳しいともっと楽しめる。

2016/09/15

タカユキ

モリミーのTwitterや三省堂に大きいコーナーがあるという押しっぷりに購入!皆さんのレビューにあるように自分も「夜は短いのか?」と問いながら一気読み!四つの短編集。「佐伯さんと男子たち1993」「ランボー怒りの改新」「ナラビアン・ナイト」「満月と近鉄」とタイトルだけでお腹が一杯!表題作は問題作!ベトナム戦争と大化の改新が結び付く!ランボーの怒りの鉄槌が蘇我氏に炸裂する!「満月と近鉄」の小説家を目指す少年の努力する思いが甘酸っぱい。「近鉄に乗ればどこにでも行ける。伊勢でも京都でも満月でも」素敵な台詞です!

2016/11/15

テクパパザンビア

面白かった。佐伯さんと男子達1993の『ごめん無理やわ』は経験済。京都>奈良、鹿せんべい、近鉄のローカル感に共感。中大兄皇子にランボー、スタローンが頭をよぎり奇想天外な展開に満足、次作も楽しみ。

2017/02/01

感想・レビューをもっと見る