読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

自殺の心理学 (講談社現代新書)

自殺の心理学 (講談社現代新書)

自殺の心理学 (講談社現代新書)

作家
高橋祥友
出版社
講談社
発売日
1997-03-19
ISBN
9784061493483
amazonで購入する

自殺の心理学 (講談社現代新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

新右衛門

思いもよらない世界について知りたいと、タイトルに惹かれて購入■自殺は、「原因→結果」という直線的で単純な事象ではないらしい。蓄積の末、些細なことがトリガーを引く。耐えて耐えて、大きな壁を乗り越えた後に小石につまずいて「あ、もう無理」……■刊行当時の統計だが、日本は決して自殺数がダントツという訳でないことも意外。変な誤解が解けた部分もあり、読んでよかった■「認知のゆがみ」の部分が面白かった。世の中は成功/失敗だけではない、その中間にたくさんの小さな成功と失敗がある――。一般の人にも響きそうなフレーズだ。

2019/11/07

security blanket

自殺の予防教育のエッセンスや「やっていいこと悪いこと」の列挙、自殺の危険がある人へ繋ぐ医療機関の探し方など、自殺の心理を説明した上で実践的な内容も含む良書と思った。ただ、岩波新書で同じ著者の発行年がより新しいものが出ていた。本著では精神分析理論による解説が多かったけれど、今の自殺予防でも精神分析理論は使われているんだろうか?

2014/10/20

いの

興味深く読めた。 自殺が日本文化と繋がりがあることをもっと書いてくれたらなぁとこれは私の個人的見解。

2014/04/01

sio

15年も前の本だが、自殺に興味があるのであれば読む価値はあると感じた。また15年の前の自殺の実態について非常にわかりやすく書いてあるので、現代の自殺問題と比べてみるのも面白いのではと感じた。15年前とはいえ、自殺に関する基礎的な知識、一般人でもできる自殺予防の方法、自殺したいと打ち明けられたときの対処法などが載せられているため、非常に参考になる。

2013/12/31

テツ

「人間にとって重要な命題はたった一つしかない。それは自殺するかどうかだ」とか何処かの哲学者が書いていたな。生きることは確かにいくつかの喜びに出会えるだろうし、死ぬ気になれば大抵のことはできる。でも、自殺を考える人間にとってはそれも含めて、もう生きることにうんざりなんだよな。忘却したい過去が記憶の中からいくらでも沸きあがってきて少しずつ自分を蝕み責め苛む感覚に耐えて生きる意味はあるんだろうか。「真理を手に入れたいものは決してその可能性を捨ててはならない」哲学への傾倒はそんな生にしがみつく理由になる。

2013/01/25

感想・レビューをもっと見る