読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

数学の歴史 (講談社学術文庫)

数学の歴史 (講談社学術文庫)

数学の歴史 (講談社学術文庫)

作家
森毅
出版社
講談社
発売日
1988-09-05
ISBN
9784061588448
amazonで購入する

数学の歴史 (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

nbhd

文系の皆様に残念なお知らせが…。微分積分の発明ってニュートンが生きた18世紀ころの話らしく、つまり僕らの「数学の脳みそ」ってだいたい300年間分くらい停滞しているんですね☆…だから19世紀以降の記述は理解できないのだけど、数式もなくて世界史に寄った本なのでとっても読みやすい。とりわけ、各所に挿まれる3~4行の”ヘンテコ数学者伝”は大いにそそられた。たとえばケプラー≪結婚に際して、意中の女性たちの量的評価の理論化を試み、最高点の女性に求婚したが、実際のケプラー夫人は最低点の女性であったという≫なんじゃそら!

2016/02/06

もちまる

ふーんって感じかな。歴代の数学者たちの年表を注釈ありで読んでいるみたいなのかな。有名な人たちの年代がわかったことが収穫かな?

2019/09/10

jabrafcu

むかし買ったものを再読。各時代の数学の潮流とそれを生み出してきた時代精神描く。具体的な数学の内容についてはほぼ触れられていないため,高校数学までの知識では19世紀以降はほぼちんぷんかんぷんだった。思想史や音楽史などを勉強してきたおかげで,18世紀くらいまではだいぶ勘所がつかめるようになっていたが。数学が技術と一体だったところからの体系的自律,極限の発見による不変・静的なギリシア思想からの離脱などは,ああそういうことかと。

2019/01/22

サイバーパンツ

数学の持つ哲学チックな雰囲気が味わいたい人へ。概念は説明されるものの、難しい数式などは一切出さず、学者の関係性と歴史をなぞっていくので、数学から見る世界史という感じで読みやすい。微積分の理解も怪しい程には、ガチガチの文系な私でも一応、読めました(理解したとは言ってない)。

2017/02/06

yoshimixx

本当に歴史だけは、時系列で分かりやすく書かれていますが。。。 欲を言えば、公式とか図表とか、数学の解説があってほしかったなぁ。。。

2018/07/20

感想・レビューをもっと見る