読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

憑霊信仰論 妖怪研究への試み (講談社学術文庫)

憑霊信仰論 妖怪研究への試み (講談社学術文庫)

憑霊信仰論 妖怪研究への試み (講談社学術文庫)

作家
小松和彦
出版社
講談社
発売日
1994-03-04
ISBN
9784061591158
amazonで購入する

憑霊信仰論 妖怪研究への試み (講談社学術文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェルナーの日記

現地調査を主眼とする民俗学は時代とともに廃れる宿命をのがれられない学問である。よって逆に民俗学に関する資料は時代とともに重要性が増す。本書は民俗学の立場から〝憑きもの”(狐憑き・犬神憑きなど)を紹介した著作。具体的に土佐の伊弉諾流陰陽道から呪詛・呪詛返し・式神・憑きものにおける聖痕(スティグマ)・憑きもの筋等々といった民間信仰を詳細に解説した内容である。現在では陰陽師と聞くとフィクションの世界であり、映画やTVのアニメドラマ等を思い浮かべてしまうが、ほんの半世紀前ぐらいまで地域信仰のとして信じられていた。

2016/06/17

夜間飛行

近世農村社会の閉鎖性と、限られた富を分かちあって維持される共同体という観点から憑きものについて論じている。人類学的な考察としても面白いけれど、それ以上に怪異な話一つ一つに心を奪われてしまった。そこにあるのは心身に異物が入り込む恐怖であり、憑きものが確かに実在していると思わせる生々しさだ。そういった鮮度の良さは、オサキが道具に付いて家に入り人の腸を食うとか、クダが着物の縫目に毛を残すとかの、心に突き刺さるような具体的細部に支えられている。憑きものは今なお世の不条理への説明役割を担い続けているのかも知れない。

2017/05/04

レアル

「山岳宗教と妖怪」をテーマに読んでいるので、この中で興味がある稿は「護法」かな。修験者たちが修行到達レベルが上がるにつれてその力が強大になるらしいが、昔は災害や病気は妖怪や憑物の仕業とされていた際の大きな法力だったのかもしれない。後は「呪詛」。これは「それを行う事によって効果がないと呪詛信仰は成り立たない」という当たり前の理論に新鮮味を覚えた。こちらそのような科学的には証明の難しい憑霊について、様々な事例等を出して解説している。読んでいて納得&面白い。

2019/07/30

テツ

現代社会でも度々口にする「ツイている」という言葉はもともと憑き物が憑いているという意味だった。憑き物筋とそれに対する畏敬の念。畏れ。一体憑き物とはどんな存在であって何を意味し何を説明しているのか。言い伝えられている憑き物関係の怪異を紹介するとともに著者がフィールドワークで得た情報を情熱的に楽しそうに語る。そうした日常生活にはビタイチ役に立たない知識がこれでもかと延々と綴られている。好きな人間にはたまらない。プラスもマイナスも平均を逸脱した状態は人智を超えた憑き物の力で説明される。あいつはツイている。

2017/06/12

ちる

各章で内容が被ってるなと思ったら著者の論文がベースになっていたようです。民俗社会における「憑きもの筋」や「いざなぎ流」をフィールドワークによって調査研究した結果は興味深かった。古代陰陽道と現代陰陽道の比較や、式神、付喪神についてなど、人によって憑くもの、自然発生するもの、と「憑く」ものたちについての考察。

2013/11/27

感想・レビューをもっと見る