読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

妖精島の殺人(下) (講談社ノベルス)

妖精島の殺人(下) (講談社ノベルス)

妖精島の殺人(下) (講談社ノベルス)

作家
山口芳宏
出版社
講談社
発売日
2009-10-07
ISBN
9784061826731
amazonで購入する Kindle版を購入する

妖精島の殺人(下) (講談社ノベルス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Bugsy Malone

上巻の冒頭での魅力のある幻想的な展開は也をひそめてしまいましたが、壮大なトリックと明かされ続ける真相、事件や犯罪者に対する探偵真野原の姿勢には、一筋縄ではいかない著者らしさが伺えました。「雲上都市の大冒険」から、何だか嵌ってしまったこのシリーズ、次の『学園島の殺人』も楽しみ。

2018/12/14

じゅんぢ

トリックのスケールがでかすぎて、そのあとのどんでん返し(?)がかすんでしまう。それと祖父と比べるとキャラが地味。

2017/07/27

ホームズ

妖精界へ至るトリックは大がかりで面白かったと思います。第1の殺人との関連とかも倫理的ですし(笑)しかし犯人もトリックも予想しやすいですね~(笑)全体的にミステリとしては良くできていると思うんですけど探偵役とワトスン役、その他脇役達のキャラクターが微妙すぎるのが問題ですね~。もう少ししっかりとしてれば全体的に評価は上がるんじゃないかな~。どうしてもライトノベルのようなな感じがしてしまって。とりあえず他のも読んでみよう(笑)

2009/12/23

m-freak

ミステリ好きであれば、ある程度予想のつくトリックと犯人かもしれない。しかし、作者はそれを分かって上で、最終的な結末を用意している。このトリックに現実感を持たせるための設定の構築に脱帽せざるをえない。

2010/02/22

ジャム

核となる「城下町の消失」と「妖精界の出現」の大トリックは見事決まっていたが、冗長すぎるどんでん返しは少し難か。あんなに小出しにしなくても良かったのにと思いましたが、このシリーズはまだ続くようなのでそれはこれからに期待したいと思う。しかし、全体的には古き良き新本格の香りが全編に溢れていて、「新本格」と「メフィスト」で育った自分としては最後までワクワクドキドキしながら愉しめた!

2009/10/19

感想・レビューをもっと見る