読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

意味という病 (講談社文芸文庫)

意味という病 (講談社文芸文庫)

意味という病 (講談社文芸文庫)

作家
柄谷行人
すが秀実
出版社
講談社
発売日
1989-10-04
ISBN
9784061960565
amazonで購入する Kindle版を購入する

意味という病 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

chanvesa

「マクベス論」と「歴史と自然」(鴎外論)がすごい。前者の「彼(マクベス)にとって世界はもはや意味もないが不条理でもない、たんにそこにあるだけだ…マクベスはただうんざりしたのだといってもよい。」(63~64頁)の説得力は衝撃だ。意味という亡霊のような存在を、近代は病、熱病のように執着させてしまうのかもしれない。漱石や鴎外のような時代と闘った巨人はその苦闘のなかで冷徹さの中で「夢のように」「自分を操り人形のように感じた」(163頁)。鴎外を避けてきたが、そろそろ向き合わねばと思う。

2015/09/13

ころこ

「意味」という現実を認識するということ自体が、解釈という亡霊に憑りつかれています。代表作の『マクベス論』は、マクベスを指しているわけではありません。確かに、『あとがき』で著者が指摘するように、マクベスとマクベス夫人を、自らと全共闘の活動家と重ねているようにみえます。マクベスが耐えがたかったのは、何をやってもやらなくても同じだという意識であり、王になりたいわけではないが、王にならなければこの状態から抜け出せないことだといいます。マクベスは、内面の無い人間に映りますが、精神を自然(意味以前の世界)として体現し

2018/04/20

ふるい

マクベス論目当てで読んだが、他も面白かった。批評というものがここまでダイナミックだとは。現実においても、文学作品においても、人が何か明確な意思を持って行動することなど出来るだろうか。そこにあるのはただ"やってしまった"という人間の姿だけではないのか。

2019/07/19

空箱零士

言ってることはシンプルで、それどころか収録されている論の全てが多かれ少なかれその文脈によるものである。すなわち、「やってしま」ったことへの「意味づけ」によって発生する近代的自我と世界との距離感の喪失に伴う混乱と、それに対する「あるがまま」の「自然(事件それ自体)」の姿の描写である。やはり「意味」という概念への着眼と論は鋭く、ある種身も蓋もないとさえ言えるほどに近代的世界観における自我の在り方の不全(病)を見い出すことに成功している。もしそれに問題があるとすれば、それだけでは単なる「診断」に過ぎないことだ。

2015/09/18

しゅん

人間はずっと距離のない「夢」をみているのであり、「夢」を解釈するのもそれもまた「夢」の中の話で、ただただ「夢」しか見れない「貧しさ」を受け入れて認識するしか「掘立小屋」の「外」に出る方法はない。柄谷がマクベスとマルクスと志賀直哉と古井由吉と森鴎外と嘉村磯多と島尾敏雄と庄野潤三に同時に見ているのはその構造だろう。彼は自分の書くものに飽きていると語っているけど、同じことを書き続けていたらそりゃ飽きるだろと思う。小説や土地の具体性に出会うと、それぞれに捉えるべき差異があるのだから読者は「飽きる」必要はない。

2020/10/19

感想・レビューをもっと見る