読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

成熟と喪失 “母”の崩壊 (講談社文芸文庫)

成熟と喪失 “母”の崩壊 (講談社文芸文庫)

成熟と喪失 “母”の崩壊 (講談社文芸文庫)

作家
江藤淳
上野千鶴子
出版社
講談社
発売日
1993-10-04
ISBN
9784061962439
amazonで購入する

成熟と喪失 “母”の崩壊 (講談社文芸文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐島楓@執筆中

「第三の新人」の作品の評論。戦後の男性作家の女性観について、明快に記してある。

2016/10/19

zirou1984

再読。やはりとてつもなく面白い。日本社会は契約ではなく「家族」こそが社会の土台となっているため、家族を描いた文学評論がそのまま社会批評として成立してしまうという二重性が本書の興味深さを引き上げている。「第三の新人」と言われた作家たちの作品を分析することで戦後日本における父(治者)の失墜と母(自然)の崩壊を明らかにし、それは解説で上野千鶴子が言うように「ふがいないふ息子」と「不機嫌な娘」を再生産する。初版は1967年だが、半世紀を越えた今のその批評は有効だと思う。それは日本の近代化そのものが持つ病だからだ。

2014/10/12

梟木(きょうぼく)

同時代の小説を対象に近代以降「強い父」が不在となった母子密着型の日本社会の内側で「成熟」は如何にして可能か、を問うた画期的な名著。「成熟のために少年は<母>を見棄てねばならないが、代償としてその罪悪感と孤独を一生背負わねばならない」というテーゼは60年代に発信されたものとは信じがたく、その後の中上健次や『エヴァ』の出現、さらにそれらを経て<母>の代理としての美少女キャラがグロテスクに蔓延るようになった今の日本で<成熟>が如何に困難なものか、を思い知る。個々の作品に対する批評眼も確か。深く鋭い思考と射程。

2015/04/03

ころこ

中盤まで読み進めてようやく分かったことは、著者が日本近代を「自然」だと考えていることでした。第三の新人の小説に色濃く反映される母の影、そこに敗戦と共にアメリカという名の父がやって来る。戦後復興による自然の破壊が母を喪失させることで、ようやく成熟する。たしかに敗戦は大きなインパクトを残し、現在でもその影響から逃れられないでいます。他方で、明治維新のインパクトを無視しているのは何故なのでしょうか。途中、漱石を引いて日露戦争を起点に母性が強くなったことを、責任とやせ我慢の明治と内向と生活が向上した昭和を比較して

2018/02/09

fseigojp

柄谷の内向の世代擁護と並ぶ第三の新人擁護 しかしどっちも難解

2015/08/25

感想・レビューをもっと見る