読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時の輝き〈2〉 (講談社X文庫―ティーンズハート)

時の輝き〈2〉 (講談社X文庫―ティーンズハート)

時の輝き〈2〉 (講談社X文庫―ティーンズハート)

作家
折原みと
出版社
講談社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784061986817
amazonで購入する

時の輝き〈2〉 (講談社X文庫―ティーンズハート) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Teruji Shinozaki

続巻ですが幸せは、まだ遠い。 今日は、昨日の続きではないと突然に知らされる。 生きるという事、今が大切だという事。 走れなかったら、歩くこと。 歩けなかったら、這うこと。 止まってはいけない、前を見て少しでも良いから進むこと。 止まらなければ、別の幸せがきっとあるから。

2012/10/13

ゆい

時の輝きの続編。話はできすぎてるけど、こちらも感動的な言葉満載。『シュンチが闘ってたから、あたしもがんばれたの。シュンチがせいいっぱい生きてたから、あたしも生きられたの。……あたしがシュンチを、支えてたんじゃないわ。いつだって、支えられていたのはあたしのほうだったのよ。』由花のこの言葉は重い。生死に限らず、偽善的なことって大嫌いな私ですが、こういうことだなと。自分でもしっくりきてなかったところがストンと落ちた。人を助けてる自分に満足するのではなくて、お互いが本当に必要とし支え合ってるっていうことが私の大事

2012/05/26

さくら♪

我が家で眠っていた本を避難所にいる教え子のもとへ届けました。心がすこ~し元気になるといいなぁ・・・・と思いながら。

2011/04/17

りか

シリーズを続けて読みました。 「生命はとてもモロいけど、生命はとても、強いよね。 生命はとてもキレイだね」 こんな言葉が心に響いた1冊でした。

2011/04/16

りっちー

折原さん3作目はこれ。 前作の続篇。あっという間に読みきった。ラノベみたいです。内容はリアルで厳しい現実を書いたものだけど、こう言うのをテーマにして、厳しいことを厳しいまま書いているのは珍しい。

2019/04/29

感想・レビューをもっと見る