読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おもしろくても理科

おもしろくても理科

おもしろくても理科

作家
清水義範
西原理恵子
出版社
講談社
発売日
1994-10
ISBN
9784062072366
amazonで購入する

おもしろくても理科 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おとしん

清水先生と西原さんのまだぎこちない関係が新鮮でした。「地球に優しく」=『私に優しくして』は膝を叩きました。

2011/01/16

OTIUM

なんか固い本が読めなくて、再読 やはり面白いですね。 文系の人が理科の先生になれば、子供の理科ぎらいが減るかも。

2010/05/26

Chiho

理科は好き。公式や計算式が出て来ると数学が苦手な私にはお手上げだが、理念とか概念とかでの理科は物理も科学も生物も大好きだ。だからこの本が面白いと聞き買って読み出したが、1/3くらいで挫折して十年以上が過ぎてしまった。最近再読し出したが、やっぱりページが進まない。トキメカナイのだ。著者は専門家ではなく、理科が好きというだけの物書き。だから話に奥行きが無く専門家が垣間見せてくれるトリビアもない。理科に馴染みたい初心者には入門編として良いのかもしれないが、私にはこれ以上読むのは無理。結局読了せずに終わりそうだ。

虹色パパ

旧コメント

オレオン

やっぱ理解難しいよー!でも、頑張って最後まで読みました。東京ドームを太陽に例えて太陽系について説明されていたところだけは、わかりやすくて面白かった。

2012/08/03

感想・レビューをもっと見る