読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

スティーブ・ジョブズ I

作家
ウォルター・アイザックソン
井口耕二
出版社
講談社
発売日
2011-10-25
ISBN
9784062171267
amazonで購入する Kindle版を購入する

スティーブ・ジョブズ I / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たー

普通じゃないことを成し遂げる人はやっぱり普通じゃないんだなぁ。「現実歪曲フィールド」という言葉が印象的。

2012/02/08

NS

文化とテクノロジーの交差点に立つと公言するジョブズ。やはりすごい。ピクサーに目を付けてヒットを飛ばし続け,ディズニーとのガチンコ勝負するところも,エンジニアではなくて,デザイナーやビジョナリーなんだなとよく分かる。瞑想や断食や菜食主義を貫きつつ,無茶を通す経営者でもある。トイレの水を流して,そこに裸足の足を突っ込むなんて気晴らしは絶対真似できない。70年代のシリコンバレーは本当に偉大な孵卵器だったんだなと思います。今,そういうところはあるのだろうか。

2014/06/04

i-miya

2011.12.16(初読) ウォルター・アイザックソン著。伝記、書いて欲しいといわれたが断った。アラン・チューリング、ドイツの暗号解読、青酸化合物入りリンゴ、齧(かじ)って自殺した。アップル社、由来?電子メールで問い合わす。その日が来ることに備えて準備を始めた。アインシュタインの伝記の出版記念パーティ、ジョブズ「自分はいい題材になるはずだ」と耳打ち。

2011/12/17

Maiラピ

56歳で逝去って速すぎだけど、でも生まれから波乱万丈で濃密な人生だったと知りました。マッキントッシュのCM“1984”今、見ても迫力あります。翻訳も読み易くて、とにかく読んでて高揚しました。へぇ〜ジョブズってこんな人だったんだってちょっとびっくりです。早く?が読みたい。日本のプロジェクトXや松下・本田等の根性物語とアメリカのビジョナリーアントプレナーの文化や環境の違いが面白い。アップルアイテムに興味のない人でも一読の価値あります、お勧めです!

2011/11/23

17

下巻を読んでから感想を書きますが、非常に引き込まれます。

2011/12/04

感想・レビューをもっと見る