読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

スティーブ・ジョブズ II

作家
ウォルター・アイザックソン
井口耕二
出版社
講談社
発売日
2011-11-02
ISBN
9784062171274
amazonで購入する Kindle版を購入する

スティーブ・ジョブズ II / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たー

純粋に読み物としては前編の方が面白かった。後編は病気のことを除いて基本的に成功談ばかりだからかな?それはさて置き「文系と理系の交差点(intersection of art and science)」に立って「歴史のページにまだ書かれていないことを読み取」り続けたジョブズはやっぱり偉大だったなぁとiPhoneでこれを打ちながら思う。

2012/03/19

NS

 アップルの製品が好きだけど,最も影響を受けた時代には,ジョブズは,アップルを追い出されNeXTにいた。PowerMacとかPowerBookとかはジョブズの手によるのではないんですね。。。で,復帰して,初代iMacやiPodには初めなじめませんでした。ジョブズが否定した,またはしそうなPalmやNewtonなんかには今でも私は好きだ。ジョブズを含めたアップル全体が好きな気がするが,ジョブズによってアップルは完全統率されてきたと思うと,私とジョブズはすれ違いだったのかなと思う。

2014/06/04

おでんじん

やっと読み終えたというのが正直な感想。長かった。単元によっては面白い内容だったが、難しい内容もあり、読み進めるのに時間が掛かった。iPodを触った時、iPhoneを触った時の感動は忘れられません。プレゼンしているジョブズは見たことがあるが、社内で働いているジョブズ、見てみたかった。

2013/01/23

17

在命中の伝記(自伝)の類は、原則読まないことにしています。そういう意味では、本書は微妙ですが、結論から言うと非常に公平な感がして好印象。陰の部分も記載しているだけでなく、証言が食い違うところは両方書いているし、それでいて読み手が混乱しないように上手く処理してある。作者の腕ですね。

2011/12/17

KAKAPO

「顧客が今後、何を望むようになるのか、それを顧客本人よりも早くつかむのが僕らの仕事なんだ。欲しいモノを見せてあげなければ、みんな、それが欲しいなんてわからないんだ。だから僕は市場調査に頼らない。歴史のページにまだ書かれていないことを読み取るのが僕らの仕事なんだ。」ジョブズに率いられることのないアップルは、いやIT業界は、これから誰が率いてゆくのだろう?顧客が求めているのは、情報やエネルギーを消費するためのシステムだろうか?それとも、情報やエネルギーを生み出すシステムだろうか?そのツールはシンプルだろうか?

2015/09/17

感想・レビューをもっと見る