読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

自分史の書き方

自分史の書き方

自分史の書き方

作家
立花隆
出版社
講談社
発売日
2013-12-06
ISBN
9784062177016
amazonで購入する

自分史の書き方 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

立花さんが立教大学である年齢以上の方を対象にしたこのような授業を行った記録をまとめてくれたものです。私は自伝や日経の「私の履歴書」などを読むのはは好きなのですが、そこにありのままをさらけ出しているかというとちょっと眉につばをつけたくなります。いざ自分も書くとなるときれいごとばかりになりそうなのですが、この本を読むと人に見せるものではなく自分の記録ということに割り切れば書いていけそうな気もしました。

2018/05/16

しょーた

【図書館本】吸い込まれるように本書を手に取った。本来は、シニア世代の方向けに「現代史の中の自分史」という立教大の講義を書籍化ものだが、何度も読み込み、実践してみた。結果的には、今までの人生を振り返り、今後の計画を練るのにとても役立った一冊となった。色んな人の人生年表の例を参考にしながら、オリジナルの年表を作り、人間関係マップを作ることで、自分自身のことを整理することが出来たため、スッキリした。シニア世代になってから、自分がこれから成し遂げたことを踏まえて書き直してみたい。

2014/06/23

壱萬弐仟縁冊

40歳のときに、交通事故で死ぬリスクが高いため、既に自費出版した。第二の自分史を書くのなら活用したい。恥を曝す覚悟が必要であるが、誰かの反面教師になればそれで存在意義があると思える。実際、わたくしは他人の出版動機になったものと思われる人を知っている。ここではあえて伏せておく。エピソードの連鎖(65頁~)。アイデンティティの凝縮した固有価値ある人生の記録。素晴らしいことである。いいことも、悪いこともあって他人から学ぶ最良のテキスト。4か所に引き出して読む頁が差し込まれている。人間関係クラスターマップなど。

2014/02/26

佐藤一臣

人生の棚卸しをする時期にきた。自分史はまだ書けないが、年表、クラスターマップ、エピソード帳は暫時残していこうと思う。自分とは何かを問うことは、これからの人生をどう生きるか考える上でとても役立つと思う。本書の中で紹介されているエピソードは珠玉のものばかりだった。特に山崎さんの戦争時代の庶民生活、雨宮さんの夫との修羅場、池田さんの大学時代以降の生活は読んでいて時代を感じるし為になる。また、みなさん淡々と書いているが実に味わいの深い文章となっている。

2017/11/17

akinbo511

「自分史」とは?というイメージは持っていなかったけれど、実際に普通の人たちが書いた自分史の例を取り上げて説明してもらい、どういうものなのかがよくわかったし、自分でもいつか書いてみたくなった。

2014/03/16

感想・レビューをもっと見る