読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新本格ミステリの話をしよう

新本格ミステリの話をしよう

新本格ミステリの話をしよう

作家
佳多山大地
出版社
講談社
発売日
2012-10-04
ISBN
9784062179461
amazonで購入する Kindle版を購入する

新本格ミステリの話をしよう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

山田太郎

読んだやつは中身忘れてるので、なんかあれだし、読んだことないやつは興味湧かなくて読んでないのであれだし、結局新しく読みたいのがでてくるかとおもったが全然なく、結局期待外れというかなんかいまいちという結論だということでした。

2012/11/04

ハンナ

図書館。ミステリの解説でよく見かける佳多山氏。2012年は綾辻行人氏のデビューから始まった、新本格ミステリおける25周年だったらしい。特に企画が無いので自分で創り上げたというのが本書。内容は著者のこれまでの解説文の再録がほとんど。他所でも気になっていたけれど、ミステリの解説なのに、平気でネタばれするこの人の文章は神経を疑う。これで字数稼ぎをしているのではと思うほど。本書も未読の物が多かったので、「以下ネタバレ~」的な文章が出てきたときには容赦なく読み飛ばした。「ダブル・オー(2000年)」て言うのかな?

2013/08/14

HK

かつての新本格ブームに熱狂した自分にはとても面白かった。

2014/04/11

たの

あまり下調べせず購入した自分の責任ですが、内容が自分が思い描いていたものとズレがあった…。未読の作品への興味が沸いたり、既読の作品に対する味わいが増す事を期待していたけど。にわかミステリ読みには敷居が高かったです。

2012/10/06

kanamori

☆☆

2014/09/22

感想・レビューをもっと見る