読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

時速47メートルの疾走

時速47メートルの疾走

時速47メートルの疾走

作家
吉野万理子
出版社
講談社
発売日
2014-09-30
ISBN
9784062190909
amazonで購入する Kindle版を購入する

時速47メートルの疾走 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

秀才で放送部の慶一、母親の再婚話に悩む料理部の美鈴、体格がいい為いじめていると思われる野球部大門、そしてじゃんけんに負けて体育祭の」応援団長になり、負けた罰ゲームで200mを逆立ちで1周することになる生物部町平、中学生の彼らの羞恥心、プライド、素直になれない、伝えれない思春期の彼等の様々な思いが痛々しいです、今の中学生は空気を読むとか、自分の立場を守るために上手く立ち回らなくてはいけない、そうして少しずつ変わって成長していく。

2015/01/27

BlueBerry

私としては全然入り込めなかった(笑。ふざけ半分で決められた罰ゲームのお話なので正直言って「割とどうでも良い話だな~」というのが最初の印象。多分、真っ最中の中学生達の心は捉えられるのだろう思います。中学生時代ってこんな感じだったんだろうなと懐かしい気はちょっとしました。 序盤○中盤△ラスト△総合△

2014/10/28

七色一味

読破。やる方もやる方だけど、やらせる方もやらせる方だし、見てる方も見てる方だなぁ。同世代ならわかる妙な「プライド」──まぁ、いうなればただの「見栄」なんだけど、それを守ろうとすることに拘る、そういう年代なのかもしれない。私みたいにオトナんなっちゃうと、引っ込めるべきところとか出すべきところってのが自然にわかっちゃうもんだろうけど…。あれ? 私、そのあたりわかってる? (´ヘ`;)ウーム…。案外私も、まだ突っ張っちゃうところあるかな…。

2015/02/07

そうたそ@吉

★★★★☆ 体育祭でビリになったら責任をとって逆立ちで校庭を一周するという団長同士の賭けに負けた町平。彼がそうする結果になったことに責任を感じる同級生たちの視点も併せて描かれる青春小説。なんてことない青春小説だが、思春期の学生の難しい内面がリアルに描かれているように思う。それぞれが思うことは様々だが、一人ひとりに共感できる。この年頃の子どもって、胸に抱える思いは様々だけれど、やっぱり大人と違って擦れてないなあと思う。だからこそこういう青春小説を読むと、胸が洗われる気がするんだよなあ……。

2015/02/06

キラ@道北民

中学生4人が語る学園小説。周りにどう思われているか敏感に感じ取るところや、イメージ通りの自分でいたいと頑張るところ、恥ずかしさを隠すところ、微妙な年頃の心の動きを上手く表現し、まさにYAオススメの1冊です!素直になれなくても、真っ直ぐな心情に心打たれます。

2016/10/23

感想・レビューをもっと見る