読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史

作家
ウォルター・アイザックソン
井口耕二
出版社
講談社
発売日
2019-10-10
ISBN
9784062201773
amazonで購入する Kindle版を購入する

イノベーターズ1 天才、ハッカー、ギークがおりなすデジタル革命史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

かんやん

デジタル音痴(自分)でもワクワクできる。19世紀のバベッジの解析機関(蒸気式)の構想から、様々な試作機、最初の汎用コンピュータ、プログラミング、アナログからデジタル、真空管から半導体への変遷、マイクロチップの開発、インターネットの創成期まで興味は尽きない。デジタル革命は孤高の天才によって成し遂げられたのではない。理論家とエンジニアのコラボ、アイディアの共有、時に名誉と特許権を巡る確執を通じて発展してきた。ミサイルの弾道の計算や暗号の解読を担ってきた初期コンピュータが汎用化し、ネットワークを築くまでの物語。

2019/11/29

本棚

コンピュータやインターネットは「誰が作ったのか」を追ったノンフィクション。本書はパート1にあたり、コンピュータ・プログラミング・トランジスタ・マイクロチップから インターネットまで、それぞれのイノベーションを牽引した人物(チーム)の歴史が描かれる。これらのイノベーションは1人の人物が作ったとは言い難く、そのほとんどがコラボ レーションから生まれた奇跡であることが分かる、それらは人間の歓喜・憎悪・嫉妬など様々な感情渦巻く歴史であり濃密な物語として楽しめた(パート2も読んでみたい)。

2020/01/12

清游☆色と香りを身に纏うこの頃/購買意欲!日に日に上昇!

人と人との脳味噌が交わる瞬間を大切にしたいなー!その瞬間瞬間を単発的にでも、もっと回数多くしていきたい!

2020/03/24

Ayumi Katayama

結局のところ、プログラミングの原理なんて何も変わっていないんだなぁと改めて気づかされる。『1ステップずつ、なにをすればいいのかをコンピューターに指示するだけです。こっちの数字をそっちの数字に足し、答えをどこそこに置く。次には、こっちの数字にこっちの数字を掛けて、どこそこに置くというように』。これは約80年ほど前の女性プログラマーが言った言葉だが、今でも同じことをやっている。そしてプログラムとは0と1の羅列でしかない。

2020/01/11

ぬぬよよ

デジタル革命の序章。オープンな関係や議論が革新を産み出すと思いました。

2020/04/01

感想・レビューをもっと見る