読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層

作家
清武英利
出版社
講談社
発売日
2016-07-13
ISBN
9784062201995
amazonで購入する

プライベートバンカー カネ守りと新富裕層 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

著者はもと読売新聞の記者でジャイアンツ関連でナベツネに叛旗を翻して追い出された気骨のある方なのですね。ノンフィクションかフィクションかどちらかわからないのですが、シンガポールを舞台にした資産運用がらみと国税庁などの動きを書いてくれたものなのですね。私はスイスの運用機関のはなしだと思ったのですが最近の日本の新富裕層やアジアを中心とした金の動きを扱ったものでした。それなりに楽しめました。ドラマにでもなりそうですね。

2018/01/17

はたっぴ

日本の債務残高は突出して悪く、ギリシャやイタリアの比ではない。社会保障費が増大していく中、国家を存続させていくために様々な施策が打たれているが、真の富裕層の資産が日本を離れつつある。『しんがり』を描いた著者が、今回再びリアルな金融の世界を取り上げた。国内では貧困層が拡大する一方で、富裕層のお金が日本を脱出する二極化がこれからも続きそうだ。少子高齢化と富の二極化。国が国民のライフデザインをどう描こうとしているのか、この作品から透けて見えるようだ。小説として単純に楽しめたが、将来に暗澹とする読後感だった。

2016/09/16

TATA

清武さんは山一を描いた「しんがり」以来。シンガポールでの富裕層向けの運用ビジネスを仕掛ける日本人。困難な業務を完遂した達成感や痛快な思いを感じた「しんがり」とはかなり異なり掘り下げとかも浅い印象。守銭奴のなれの果てという風情の登場人物も多く、読後感はバツ。まあ、別世界を垣間見たということですかね。こちらが999冊目、いよいよ次で大台だ。

2017/07/04

R

実話、実名を出しながら、新富裕層と呼ばれる人種の資産を運営するスキームについて明らかにしたノンフィクションでした。節税や脱税を悪とするといった見地からは離れて、新富裕層の人となり、その悩み、それにこたえる業種についてクローズアップしていて大変興味深い。描かれた世界は、自分には見ることも叶わないものではあるが、憧憬や羨望、嫌悪や嫉妬を覚えることもなく読めて、富貴に取りつかれることの不気味さが感じられました。

2016/12/09

つくえくん

カネは自ら働いてカネを生む。だから、種銭を税金として取られないようにするため、富裕層は税率が低いかゼロの海外に流れていく。それを手助けして高額のフィーを受け取るのがプライベートバンカーたちだ。大きな獲物にむらがるアリのようで、私はそんな生き方はしたくない。カネを減らさないために無為な海外で時間を費やすなんて、考えただけでごめんだ。人間にとってカネとは、時間とは、他の人間(関係)とは、一体なんなんだろう。

2016/09/27

感想・レビューをもっと見る