読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紙の城

紙の城

紙の城

作家
本城雅人
出版社
講談社
発売日
2016-10-26
ISBN
9784062203302
amazonで購入する

紙の城 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ダイ@2019.11.2~一時休止

新聞社の買収がテーマ。楽しめましたが、ITよりも紙の新聞が優れているという風には思えないのですが・・・。

2017/12/20

ゆみねこ

IT企業による新聞社買収。乗っ取りを阻止しようと10日間の猶予期間に戦いを挑んだ記者たち。若者が新聞を読まなくなってきた今の時代、ネット配信は便利で早いけれども、私はやっぱり紙が好きだと再認識した1冊です。

2016/11/13

ちょき

IT企業による新聞社買収。ありそうで起こらないこの問題に正面から取り組んだ小説。広告収入による新聞無料化、優遇税制からの脱却、横書きの新聞、世界進出、ハンディターミナルの販売店戦略とかなり勉強している。ジャーナリズムを追求していく安芸と、買収側の権藤それぞれにプロフェッショナルな男気を見た。私もこの業界に身を置くものとして、デジタル戦略をどうやって展開していくかにはいつも頭を悩ませている。日本には山のように新聞社やテレビ局があり、社会性か利益性かを我々も考える時期はとうに過ぎている。一石を投じた作品。

2016/12/08

Taka

本城さん2作目、今回も新聞社にまつわる話。過去にあったメデイアの買収騒動辺りが想起される内容かな。主人公は正義感の強い職業使命に燃える会社にいたら理想の上司的な人物。先が気になって1日で一気読みしました。

2019/02/17

ミスターテリ―(飛雲)

「ミッドナイトジャーナル』では、自信の体験から新聞記者の仕事、取材の本質とはなにかを問いかけ。この作品では、新聞の社会的役割、必要性を真っ正面から。IT企業に買収される記者たちの苦悩、新聞の購買数が減少するなか、 本当に新聞が必要なのか「一番大事なのは紙とかネットとかというフォーマットの問題ではない。これだけネットの情報が氾濫しても、1次情報を発信しているのは現場に出ている記者。記者を未来に存続させるためにも、新聞社はどんな形であれ生き残っていかないとー」作者の心の叫びが、熱い想いをもって描かれている。

2021/02/22

感想・レビューをもっと見る