読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

黒い結婚 白い結婚

黒い結婚 白い結婚

黒い結婚 白い結婚

作家
中島京子
窪美澄
木原音瀬
深沢潮
成田名璃子
瀧羽麻子
森美樹
出版社
講談社
発売日
2017-03-15
ISBN
9784062205047
amazonで購入する

黒い結婚 白い結婚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

皆さん黒白どちらから読むのだろう。私は黒から!なんたって表紙が気になる。ブーケか鋏か・・ふふふ、ブーケで始まり鋏で終わるの?結婚はしてみないと分からないよね。角を隠した花嫁もあれからン十年、角は伸び放題、しかも毒を吐いたりして(汗)こんな女に誰がした!いやいや、窪さん、中島さんが好み。成田さんの『いつか、二人で。』途中からもしや?と思いながら読んで、嗚呼やっぱり・・切ないけれどちょっと憧れる。お初の方もいたが、装丁含めこういうのも面白い。

2017/04/27

yanae

結婚は天国か墓場か、をテーマにしたアンソロジー。墓場=黒い結婚と天国=白い結婚。面白いことに表紙と裏表紙それぞれから黒と白が始まって、上下も逆になるという凝った装丁。私は黒から読んだけど、個人的には黒から読む方をお薦めします。黒、だいぶダークだから(笑)最後は白で救われたい。でも、黒のインパクトはけっこうすごくて、特にかっぱーんの深沢潮さん、愛の結晶の木原音瀬さんはすごかった。初作家さんに驚かされた!白い結婚は三作とも全部よかった。成田さんは泣かされ、森さんはじーん、瀧羽さんは本当にうまい。

2017/04/06

fwhd8325

「ダーリンは女装家」で、結婚は、いいものよと語っています。黒も白も当事者の気の持ちよう、とらえ方次第です。黒に期待をしていましたが、白の方が世界観をはっきりと感じました。「シュークリーム」は、まさしくコインの裏表、白と黒の境目のようでおもしろく読みました。

2017/07/20

yu

Kindleにて読了。 結婚にまつわる黒いお話と白いお話の短編集。短編なので、さらっと読める。中島さんの「家猫」は、自覚のない男の典型的なモラハラ。しかも家族揃ってだから、もはや純粋培養で手に負えない。人生で絶対にお会いしたくない人々。成田さんの「いつか二人で」、森さんの「ダーリンは女装化」がよかった。瀧羽さんの「シュークリーム」の評判がよいようだけど、私は嫌いだなぁ。どの作品も賛否両論ありそうなものばかり。

2017/10/28

❁かな❁

人気作家さん7名が結婚について描かれたアンソロジー。白い結婚と黒い結婚に分けられていて後ろからでも読むことができる凝った作り♪黒4編、白3編で私は白で読み終えたかったので黒2編を先に読み後は交互に楽しみました!黒の方はうわ〜って感じです。黒では窪美澄さん『水際の金魚』中島京子さん『家猫』が印象的で深沢潮さん『かっぱーん』ありそうで怖かったです。木原音瀬さん『愛の結晶』も発想面白いです!白では成田名璃子さん『いつか、二人で。』素敵♡瀧羽麻子さん『シュークリーム』森美樹さん『ダーリンは女装家』も良かったです♬

2017/06/08

感想・レビューをもっと見る