読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉

作家
清武英利
鈴木 正道
出版社
講談社
発売日
2017-11-08
ISBN
9784062208611
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

会社は消えても、社員の人生は続く。1997年11月の山一證券自主廃業から今年で20年。多くの社員が再就職をしていくなか、最後まで会社に残って破綻の真相究明や清算業務にあたった後列の「しんがり」社員を中心に、同社の社員100人を取材。彼らはあれから20年、どんな言葉を支えに、どう生きてきたか。市井に生きる人々の何気ない言葉が胸を打つ。著者の代表作『しんがり 山一證券 最後の12人』の感動再び。

「空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉」のおすすめレビュー

企業破綻の山一證券で女優に転身した人もいた!? 老若男女のすべてに捧げられたモトヤマ(元山一證券マン)たちからのエールの書

『空あかり──山一證券“しんがり”百人の言葉』(清武英利/講談社)

「号泣会見」といえば、今でこそ某・元兵庫県議員の謎の釈明会見が有名だ。しかし、中高年世代にとっては、1997年11月24日、自主廃業を決めた山一證券の当時の社長、野澤正平氏による謝罪会見は、忘れがたいものだった。

 その席上で野澤氏は、たくさんの報道カメラとその向こうの何千万という視聴者を前に、はばかることなく「悪いのは経営幹部で、社員たちは何も悪くないんです」と号泣した。

 筆者はどちらの会見もタイムリーにTVで見ていた。特に後者の場合、号泣するその姿を少しも笑う気にはなれなかった。グループ全体で1万人ともいわれた人々が、いわば突然、収入と行き場を失ったのである。その涙が、決して社長ひとりのものではないことは、だれの目にも明らかだった。

『空あかり──山一證券“しんがり”百人の言葉』(清武英利/講談社)には、そんな歴史的な企業倒産を体験した、モトヤマ(元山一社員の意)102名が登場し、当時の悔恨、転職後の体験、人生を通して得た境地、心の支えとなった言葉や人物、人間関係などを思い思いに…

2017/11/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る