読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉

作家
清武英利
出版社
講談社
発売日
2017-11-08
ISBN
9784062208611
amazonで購入する Kindle版を購入する

「空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉」のおすすめレビュー

企業破綻の山一證券で女優に転身した人もいた!? 老若男女のすべてに捧げられたモトヤマ(元山一證券マン)たちからのエールの書

『空あかり──山一證券“しんがり”百人の言葉』(清武英利/講談社)

「号泣会見」といえば、今でこそ某・元兵庫県議員の謎の釈明会見が有名だ。しかし、中高年世代にとっては、1997年11月24日、自主廃業を決めた山一證券の当時の社長、野澤正平氏による謝罪会見は、忘れがたいものだった。

 その席上で野澤氏は、たくさんの報道カメラとその向こうの何千万という視聴者を前に、はばかることなく「悪いのは経営幹部で、社員たちは何も悪くないんです」と号泣した。

 筆者はどちらの会見もタイムリーにTVで見ていた。特に後者の場合、号泣するその姿を少しも笑う気にはなれなかった。グループ全体で1万人ともいわれた人々が、いわば突然、収入と行き場を失ったのである。その涙が、決して社長ひとりのものではないことは、だれの目にも明らかだった。

『空あかり──山一證券“しんがり”百人の言葉』(清武英利/講談社)には、そんな歴史的な企業倒産を体験した、モトヤマ(元山一社員の意)102名が登場し、当時の悔恨、転職後の体験、人生を通して得た境地、心の支えとなった言葉や人物、人間関係などを思い思いに…

2017/11/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

空あかり 山一證券“しんがり”百人の言葉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Yunemo

2013年12月に「しんがり」読了。山一破綻から20年が経ったのですね。当時の金融破綻を目のあたりにして、もう日本の再生は無いんだ、とのネガティブな想いにかられたことを思い出して。本作の102人の想いにふれて、自身だったら、こうまで生き残れていないのじゃないかな、なんてことを心の内で想います。挫折の記憶を掘り起こして言葉にできた、ある意味吹っ切れた方々の想い、なのでしょうが、吹っ切れずに埋没してしまった方々がどれほどいるのか。ただただ、働くことは、人生の意義を確認すること、こう言って振返られる強さに敬服。

2018/01/28

楽駿

川崎図書館本。「しんがり」の関連本。金融再編の序章が、北海道拓殖銀行と山一證券の破綻だった気がする。ずっと、金融関係の末端でお仕事してきましたが、私の在籍していた信販会社も自主廃業した事があり、尚更に、興味深く拝読しました。常識的におかしな事が、まかり通っている会社は、やはり、存続はできないだろうって、言うのが、正直な感想。破綻をマイナスと思わず、前を向いた人には、それなりの道が開けたことが、何より嬉しい。自分自身で、道は切り開くしかない。その覚悟は、破綻のおかげで、私もできたもの。

2018/03/24

funuu

「2011年11月11日、清武は文部科学省において緊急記者会見を開き、読売新聞グループ本社会長兼主筆・読売巨人軍球団会長である渡邉恒雄が、オーナーやGMである自分の頭越しに、予め球団が決定し承認したコーチ人事を覆したことに対して重大なコンプライアンス違反であると告発した。」著者らしい作品。人間万事塞翁が馬。今から思うと山一が華やか頃が日本のピークだったのだろう。

2019/12/15

Hiroshi Ohno

山一證券破綻に遭遇した"モトヤマ"100余人の事後を記録した作品。「しんがり」の関連本として読んでみたが、総じて言えるのは、この山一證券に限らず名のある会社に籍を置く社員の多くは他社へ転籍しても生き抜けるだけの能力を有した人なのだろうなと言うこと。それと破綻後も息づく山一愛。自身省みるにそんな能力は有していなかったし会社愛など欠片もなかった。破綻によりその後の人生が良くも悪くも一変したことは大変だったと思うが、読んでいて自分の不甲斐なさも改めて浮き彫りとなり少々辟易… ☆☆★★★

2018/02/26

としき

在籍していた証券会社にも、山一破綻後モトヤマの社員が大勢中途採用された。「人の山一」出身だけに生え抜き組とは明らかに違がっていた。そのうえ理不尽な廃業手続きにより地獄を経験したきたせいか、仕事に対する取組み方がとてもシビアに思えた。組織として動くことより、個々のスキルを高めることに重きを置いていたようだ。破綻後のそれぞれの生きざまを読んで、もし在籍していた会社が山一と同じ運命を辿ったしたら、今頃どうしていたのだろう?彼らの様に個を磨きながら新天地で貢献出来たのだろうか?他人事とは思えず読み終えた。

2018/04/10

感想・レビューをもっと見る