読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人間の未来 AIの未来

人間の未来 AIの未来

人間の未来 AIの未来

作家
山中 伸弥
羽生善治
出版社
講談社
発売日
2018-02-09
ISBN
9784062209724
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

10年後、100年後の世界と日本の未来を、ノーベル賞学者と国民栄誉賞棋士、最高の知性を持つ二人がとことん語り合う!iPS細胞、将棋界とAIといった二人の専門分野に加えて、「ひらめき」「勘」の正体、世界で通用する人材をつくるにはどうするか、人間は不老不死になれるかといった、人類の普遍的なテーマについても熱く討論する。

「人間の未来 AIの未来」のおすすめレビュー

山中伸弥と羽生善治。天才対天才の対談から見る、人間とAIの未来

『人間の未来 AIの未来』(講談社)

  iPS細胞の研究でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授と、史上初の「永世七冠」を得た国民栄誉賞受賞のプロ棋士・羽生善治さんの対談をまとめた書籍『人間の未来 AIの未来』(講談社)が刊行された。たがいに異なる世界で人びとをあっと驚かせる“天才対天才”の対談は、ページをめくるたびにワクワクしてやまない。

■将棋の世界では「AI以上の対局価値をつくり出していけるか」が人間の課題  本書は、山中教授と羽生さんがたがいの分野にまつわるキーワードをテーマに、質疑応答を重ねるかたちで進んでいく。例えば、第3章で山中さんが羽生さんへぶつけるのは「人間は将来、AIに支配されるでしょうか?」という問いだ。

 昨年、将棋プログラム「PONANZA」が佐藤天彦名人に勝利したニュースも記憶に新しいが、山中さんは「コンピュータが対戦した棋譜に、人間から見て面白さとか自然さとかの違いはあるんですか?」と率直な疑問を投げかける。

 それに対して「現在のAIはまだ時系列で処理していない」と応える羽生さん。現時点の将棋ソフトは「一手ずつそ…

2018/2/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

人間の未来 AIの未来 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

二人の天才、山中伸弥&羽生善治のAIに関する対談集、興味深く読みました。AIに限らず幅広いテーマに触れています。色々進歩はしているものの、思っているほど画期的な展開は期待できません。少なくとも不老不死はありえません。

2018/04/02

ちゃかちん【積読:24】

羽生さんは本当に謙虚だし頭の良い人なんだなぁと思います。遺伝子のお話をされている中で羽生さんが「みんな等しく雑種である」と言います。山中教授は「その通りです。世界中の多くの人がネアンデルタール人との雑種なんです」と返答します。119頁。ここ大好きです。AIって便利だけど脅威でもある。でも私ももうスマホ持ってしまって使ってますから逃げられないですよね。都市伝説でも色々言われていますが私はAIと人間も平和な関係でいたいと願います。お互いに補い合って。。でも私の仕事はまだまだAIに譲りたくないです。ガチで❢

2018/07/16

carl

面白かった。しょっぱなから驚きの連続と云うか無知の連続・・そもそもAIって結果オーライだから説明出来ないんだって(この時点で驚き&無知)

2018/05/05

さいたまのたぬき

ips細胞研究の山中教授と将棋の羽生さんの異色対談本。佐藤名人をも破ったAIの将棋ソフトについてのところを取っ掛かりに対談が進む。普通だと難解な言葉が多くなりそうなところだが、聞き上手な羽生さんが、説明上手な山中さんの説明をさらに分かりやすく引き出している感じで、内容的には高度なはずなのだがとても分かりやすくて読みやすい感じでした。将棋かAIどちらかの分野に興味があれば、小学校高学年位からでも十分に読めそう

Twakiz

その領域のスーパースターお二人の対談.ノーベル賞vs国民栄誉賞.「与えられたことをこなしていくだけの」直線的な生き方より「いろいろなことにトライして失敗しながら見識を広める」回旋型の人生を勧めておられクリエイティブな人材が育つのは後者である.天才(これには持って生まれた能力+超人的な努力をいとも簡単に続けられることを含む)のお二人の言葉なので,自分のような凡人は「与えられたことをこなすだけ」も満足にできずましてや「創造的に」すごすことは困難.自分のできる範囲で生きていこうとあきらめる.

2018/04/19

感想・レビューをもっと見る