読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゲンバクとよばれた少年 (世の中への扉)

ゲンバクとよばれた少年 (世の中への扉)

ゲンバクとよばれた少年 (世の中への扉)

作家
中村 由一
渡辺 考
宮尾和孝
出版社
講談社
発売日
2018-07-11
ISBN
9784062210348
amazonで購入する Kindle版を購入する

ゲンバクとよばれた少年 (世の中への扉) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NAO

被災地が限られていたために、同じ長崎に住んでいながらも被爆者だと差別を受けた少年の話。被爆者、部落差別、様々な差別があるが、生徒を教える立場にある先生のあまりの差別意識に唖然とした。本当に、人の言葉はときに戦争よりも残酷だ。だからこそ、語り続けようとする中村氏の勇気と強さに胸が熱くなる。

2019/07/07

☆よいこ

小中学生むけノンフィクションシリーズ「世の中への扉」2歳で長崎県浦上で原爆にあった中村由一さんの半生。小学校で「ゲンバク」とあだ名をつけられいじめられ、卒業証書を破かれた話は胸が苦しくなるようだった。卒業し、就職しようとすると今度は被差別部落を理由に差別を受けた。「この世から差別やいじめをなくすために、いじめを受けたときのぼくの気持ちをしっかり語っていこうと、心に決めました」▽キレイゴトかもしれないが「世の中から戦争や差別やいじめをなくすことはできる」と信じて、子とも達に語りかけることの大切さを感じた。

2018/10/14

あじ

中村由一(よしかず)さんが長崎で被爆したのは3才の頃。教師や子供らに「ゲンバク」と呼ばれ、理不尽ないじめに遭いました。受難はそれだけで終わりませんでした。被差別部落の生まれであることから、就職差別を受けるのです。現在でも福島からの転校生と知るやいなや“原発いじめ”が始まると言います。私は思うのです、大人の無知が子供に伝播すると。大人は言動に責任を持たなくてはなりません。中村さんは人生を怖れず切り拓いて行きます。素晴らしき児童書でした。 【3,4年生から】

2018/08/22

どら母 学校図書館を考える

あまりにもひどいイジメ、しかも教師も一緒にだ。人はどこまで人にひどいことができるのか? わからない、知らない、怖い。自身のそういう感情をなんとかしたくてイジメに向かうのか。

2021/03/29

おーちゃんママ

これがノンフィクションじゃなくて児童文学だったら、学校の中で誰か一人は由一少年の味方になってくれる友だちや先生が出てくるのだろうけど…。先生までもがこれって…学校の場面は読んでいてすごく辛かったです。でも、それが作り物の話ではなくて現実だということを思い知らされました。教育の場で働く者の一人として、教職員にもぜひ読んでもらいたいと思いました。

2018/11/01

感想・レビューをもっと見る