読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水中翼船炎上中

水中翼船炎上中

水中翼船炎上中

作家
穂村弘
出版社
講談社
発売日
2018-05-23
ISBN
9784062210560
amazonで購入する

「水中翼船炎上中」のおすすめレビュー

人気歌人・穂村弘が感じた「昭和」そして「現在」――17年ぶりの歌集『水中翼船炎上中』

夜ごとに語り続けた未来とは今と思えばふわふわとする

 大人になって、私たちは途方に暮れる。ここは一体どこなのだろう。まるで知らない星にひとりぼっちで降り立ったような心もとない気持ちにさせられるのは、自分をこの世に産んだ人たちが、ひとり、またひとりといなくなるせいだ。母よ。そして父よ。子ども時代に当たり前にあった風景も、蜃気楼のように遠ざかり、やがて跡形もなく消えてしまう。いずれ自分もここから消え去ることがリアルに実感できた時、通り過ぎてきた景色がまったく別の輝きで、きらきらと降ってくる。

 穂村弘の17年ぶりの最新歌集『水中翼船炎上中』(講談社)は一見ノスタルジーにみえながら、穂村弘ならではの試みと批評性が込められている。誰かの子どもだった時代の終わり。ひとつの時代の終わり。昭和38年(1962)生まれのこの歌人にとって元号が平成からまた変わろうとしている今こそ、失われようとするものを言葉にして刻みつけておかねばならない時なのに違いない。陸海空を自由に移動できる「水中翼船」は昭和の子どもが見た夢だった。

 歌集は、こんな一首で幕を開ける。

お天気の日は…

2018/6/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る