読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

水中翼船炎上中

水中翼船炎上中

水中翼船炎上中

作家
穂村弘
出版社
講談社
発売日
2018-05-23
ISBN
9784062210560
amazonで購入する

「水中翼船炎上中」のおすすめレビュー

人気歌人・穂村弘が感じた「昭和」そして「現在」――17年ぶりの歌集『水中翼船炎上中』

夜ごとに語り続けた未来とは今と思えばふわふわとする

 大人になって、私たちは途方に暮れる。ここは一体どこなのだろう。まるで知らない星にひとりぼっちで降り立ったような心もとない気持ちにさせられるのは、自分をこの世に産んだ人たちが、ひとり、またひとりといなくなるせいだ。母よ。そして父よ。子ども時代に当たり前にあった風景も、蜃気楼のように遠ざかり、やがて跡形もなく消えてしまう。いずれ自分もここから消え去ることがリアルに実感できた時、通り過ぎてきた景色がまったく別の輝きで、きらきらと降ってくる。

 穂村弘の17年ぶりの最新歌集『水中翼船炎上中』(講談社)は一見ノスタルジーにみえながら、穂村弘ならではの試みと批評性が込められている。誰かの子どもだった時代の終わり。ひとつの時代の終わり。昭和38年(1962)生まれのこの歌人にとって元号が平成からまた変わろうとしている今こそ、失われようとするものを言葉にして刻みつけておかねばならない時なのに違いない。陸海空を自由に移動できる「水中翼船」は昭和の子どもが見た夢だった。

 歌集は、こんな一首で幕を開ける。

お天気の日は…

2018/6/15

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

水中翼船炎上中 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

風眠

「あぁ・・そうだったな、そうだったよ」って、ずっと昔の日常に、ひとときタイムスリップするみたいな感覚になる。三十一文字という限定された形の中で私は、小さい頃の茶の間へ行ったり、中学生の頃の教室へ行ったり、はじめての一人暮らしの部屋へ行ったりしてきた。味の素を混ぜた醤油の海苔おにぎり、美味しいんだよね。そう言えば子どもの頃のトマトは今みたいに甘くなくて、砂糖かけて食べてたな。おばあちゃん家の麦茶はコーヒーみたいに真っ黒で砂糖が入ってたけど、美味しくなかったな。お尻にセロファン貼る検査あったな、今はどうかな?

2018/06/30

美登利

良かった。短歌は未だにどう詠んだらいいのだろう?という思いがあって(格好つけてしまう気がして)詠めないんです。歌集であるある!と感じたものは初めてかもしれない。穂村さんと同年代であることも一因だけれど、どちらかというと女子よりな目線だよなといつも思っています。一回読んで意味が分からない歌は2回目読むとすんなりと心に落ちてくるから不思議。幼い頃の何でも「味の素」信仰、今じゃほとんど使わないのにそんな時代だったなととても懐かしい。

2018/07/26

♪みどりpiyopiyo♪

ふはー♡ おもしろかった☆ 世界音痴なみんなのアイドル(?)、当代きっての人気歌人、ほむほむ こと 穂村弘の、実に17年ぶりの個人歌集です。■これまでの歌集と比べて、題材も言葉選びも より日常の一コマをすくい取った様で、穂村さん自身が出ている様に感じました。■幼き夏の日の情景、冬の夜の夢想、これ、大人になった今 思い出して書いたのかな? それとも日記とか取ってあったのかな? 少年期、思春期、青年期、パラサイト期、そして現在まで。ほむほむの人生を辿るような1冊でした (ღ′◡‵) (2018年)(→続

2018/07/10

とよぽん

穂村弘さんの短歌を、初めて読んだ。図書館の新着本コーナーにあったのを偶然見つけて。装丁が、大変素晴らしくて魅了された。9通りあるそうだ。タイトルも、水中で炎上? と思ってしまう。中身の短歌は、ノスタルジックあり、意外性あり、コミカルあり、で読者は気付いたら水中翼船乗員になっていた。という感じ。とにかく、装丁がとてもいいので、ぜひ実物を手に取ってみて。

2018/09/08

ゆみ

装丁が9パターンくらいあるらしい。 懸賞で当たったので、もちろん選んでないけれど、 とてもきれいな装丁で、ケースについている帯もデザインなのでしょう、 帯を破らないように扱うのでとても丁寧に本を扱うことになる。 さて、短歌は。同世代なので共感しきり、子どもの頃の夏休みの感覚なんかは 「あー」とか「うー」とか変な声出しそうなくらいよかった。

2018/10/07

感想・レビューをもっと見る