読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

作家
池谷裕二
出版社
講談社
発売日
2013-09-05
ISBN
9784062578301
amazonで購入する

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

脳科学とは、自分の脳が脳そのものを研究する学問。まさにパラドックスだが、これをリカージョンというらしい。解くことのできない世界のカラクリを解明したいというのも脳の持つ特徴。そして本当に楽しいのはその解明する過程であるということを、内容もそうだが、著者の姿勢に感じる。「進化しすぎた脳」と内容はかぶる事が多いし、もう10年前の本になるが、彼の専門領域にまで踏み込む内容もあり、より深く入り込むことが出来た。嗅覚と視覚の成り立ちと役割が印象に残った。あくまでヒトの目で「見ている」世界は仮の姿に過ぎないのである。

2020/06/04

Miyuki Usa

「直感」は、努力と訓練の賜物。「記憶の正しさ」はその事象に慣れているか否か。「知覚している世界」は可塑性を通じて後天的に形成されたもの。「ゆらぎ(ノイズ)」によって順応、適応ができる。

2017/10/29

zirou1984

池谷裕二さんってニュータイプだよなぁ。著者一番のお気に入りであり遂にブルーバックス入りした本書を読んで改めてそう思う。日本最高峰の脳科学者が母校の高校生に行った講義で明らかになる、最先端の実験から導き出される脳に関する衝撃の事実の数々。きちんと科学的に根拠のある最新の内容をこれだけポップに語れること自体が凄いのだけど、時に己の常識や価値観すら崩れかねない実験結果の中でも職業倫理を見失なうことなく、あるべき道を提示しようとする池谷さんの姿勢には感服するばかり。これを読む前の自分には帰れない、とんでもない本だ

2014/02/01

ach¡

ちょっと、すっごいこと書いてあるわよコレ。幽体離脱すら脳科学で解明できちゃうんですって。脳のある部分を刺激すれば科学的に再現も出来ちゃうんですって。あと、お化粧は右側だけ念入りにすればいいらしいわよ。左側なんてテケトーでいいのよテケトーで、どうせ認識されないんだから。脳科学コワイわースゴイわー。で、池谷さんおそろしく話がお上手。軽妙なテンポで語られる内容はしっかりちゃっかり論理的。且つ非常にわかりやすい。何より皆様のレビューが秀逸すぎて、もはや私が書くことは何もないわ。目次を読むだけでも脳ミソゆらゆら♡

2016/07/04

かんやん

母校の生徒相手にレクチャー。様々な実験を通して見えてくる脳の機能、それは錯誤や混乱、補正を含む(著者に言わせれば、脳はええ加減で、可愛い奴)。そして、脳のゆらぎ=ノイズの役割とは。心理学、認知学、自由意志、創発、欧米の「心の哲学」、リカージョン、ラッセルのパラドックス…今まで読んできたことが繋がってくるような興奮を感じる。ただちょっと風呂敷広げすぎて、ええ加減なことも言ってるかな、と。「『ネイチャー』や『サイエンス』の9割は嘘。10年後に残ってるのは1割」と仰ったのは、どなただったか…。

2020/05/08

感想・レビューをもっと見る