読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

YA! アンソロジー 卒業 (YA! ENTERTAINMENT)

YA! アンソロジー 卒業 (YA! ENTERTAINMENT)

YA! アンソロジー 卒業 (YA! ENTERTAINMENT)

作家
小林深雪
石川宏千花
河合二湖
如月かずさ
福田隆浩
出版社
講談社
発売日
2012-02-17
ISBN
9784062694537
amazonで購入する Kindle版を購入する

YA! アンソロジー 卒業 (YA! ENTERTAINMENT) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひめありす@灯れ松明の火

五つ揃ったピンク色のハートの花びらが、ちらちらと散る。白というには色がつき、紅と言うには淡すぎる。離れていく心の欠片。名前さえつかなかった想いがある。憧れ、妬み、惑い、恋い、友情。重なり合った無数の花が、今散っていく。あるものは遠く、あるものは近く。もう重なることもないかもしれない。けれど、ちらちらと散る花びらが笑う。くっついてセーブしていたものが離れるだけだから。もういいんだよ。もっと自由に心を解放していいんだよ。と。だから。だけど。今、一番言いたいことを心から言おう。きみがすきだった。だいすきでした。

2012/12/05

スノーマン

久しぶりにこの青春アンソロジー。やっぱり若返る〜(気持ちが) 確か中学校の卒業の日は合格発表だったので不安もあったけど、とにかく中学生という堅苦しい枠から出られるのは嬉しかった。このアンソロジーで一番好きだったのは『牛嶋の鼻歌』ネチネチしてない、はっきりとした女子たちが良い。主人公みたいな子がクラスにいたら、風通し良いクラスになりそう。

2020/09/03

橙夜(とうや)📚

5人の作家が「卒業」をテーマに書いたアンソロジー。第2ボタンとか‥懐かしい!と思いました♪あと、進路で悩んだ事とか、友達と離れてしまうこととか。一番良かったのは、福田隆浩さんの『アフロとチビタと青空と』です。こういう友情は、すごくいい。本の表紙と裏表紙の絵は5つの作品の登場人物達なのもいいな♪アフロくんは裏表紙にいます。

2015/03/08

小学生のときに読んでいた小林深雪の名前を発見して、懐かしくなったので。「牛嶋の鼻歌」と「アフロとチビタと青空と」がよかった。いつになっても卒業は感慨深い。悲しさと嬉しさが溢れて、なんとも粛々とした気持ちになる。でも、私はそれだけだったな。高校でも中学でも、そのとき過ごしたその場所はその後の人生の中で何よりも大切だった、と彼らの将来にそんな想いがふと浮かんでくるに違いない。

2012/07/22

FK

牛嶋の鼻唄は、最後の展開にグッときました。気づけば親友になっていた、二人だからこそ、直接的な表現をつかわずとも、相通じるものが。この描写は秀逸です。アフロとチビタと青空とも良かったです。

2014/11/09

感想・レビューをもっと見る