読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫)

作家
山田風太郎
出版社
講談社
発売日
2002-12-13
ISBN
9784062736329
amazonで購入する Kindle版を購入する

新装版 戦中派不戦日記 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

i-miya

2013.12.25(12/25)(再読)山田風太郎著。 12/24 (あとがき) この日記の出版が決まったとき(S46、番町書房刊)、私が心配したのは、無用の記述多すぎるのではないか? しかし、この愚かな全文をあえて収録してくれた出版社方針に感謝をもって従うことにした。 当時としてはその必然性があったのだ。 この昭和20年のショック。 しかし、人は変わらない、そしておそらく人間の引き起こすことも・・・(S48.02)。 

2013/12/25

i-miya

2014.02.05(01/25)(つづき)山田風太郎著。 02/03 (解説=橋本治、つづき) 山田風太郎はT11.01.04生まれ。 24歳は数え年。 父はS02,風太郎5歳の死。 母は父の弟と再結婚。 母は中一→中二の春死亡→孤児(みなしご)。 本文中帰郷とは、叔父の家=自分の家に帰ることを指す。 『戦中派虫けら日記』には、「母に死なれた、やけくそになった、中学五年停学」 中学五年は今の高二である。 勉強ちゃらんぽらん、体格ひょろり、親戚回り持ちで養われる身分。 

2014/02/05

i-miya

2011.05.28  ◎(まえがき)  私の見たS20の記録、この一年、凄まじい180度転回。 私は通行人。 23歳の医学生。 私のこんなもの、加える値打ち?意味? 一般民衆側の記録。 少ない、意外と。 嘘や、法螺や、口ぬぐい。 終戦直後のものが腹を立てて書いているだけに反って真実の息吹。 明日のこともわからぬ、哀れな、絶望的な、そのくせたちまち希望を取り戻して生きていく日本人の姿。

2011/05/28

James Hayashi

当時医学生であった著者の1年間の日記。本人は戦争から逃げていたわけではなく、体格不適格により断念した模様。兵庫より上京、後の東京医科大学に通う。ほぼ毎日各地に空襲がある。著者が見たものと新聞やラジオから得た情報もあるだろう。これだけ空襲がありながら、迎え撃つ戦闘機はいかほどあったのであろう。著者も当時に軍部が出す情報にエセがあると見破っている。軍幹部はこの被災状況を見ながら1億総玉砕を謳っているなら、気狂いか馬鹿でしかない。著者は物資のない戦中にありながら毎日のように読書を欠かしていない。続く→

2019/01/05

あきあかね

「そのとき、女の一人がふと蒼空を仰いで「ねぇ···また、きっといいこともあるよ。···」と、呟いたのが聞こえた。 自分の心をその一瞬、電流のようなものが流れ過ぎた。 数十年の生活を一夜に失った女ではあるまいか。子供でさえ炎に落として来た女ではあるまいか。あの地獄のような阿鼻叫喚を十二時間前に聞いた女ではあるまいか。 それでも彼女は生きている。また、きっと、いいことがあると、もう信じようとしている。人間は生きてゆく。命の絶えるまで、望みの灯を見つめている。···この細ぼそとした女の声は、人間なるものの⇒

2019/07/07

感想・レビューをもっと見る