読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

蒼穹の昴(1) (講談社文庫)

作家
浅田次郎
出版社
講談社
発売日
2004-10-15
ISBN
9784062748919
amazonで購入する Kindle版を購入する

蒼穹の昴(1) (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

私の拙い読書歴の中で確実に殿堂に入れる作品。新型コロナで混沌とする中、世でいう新年度に本作の再読を選んだ。崇拝する作家先生の一人、浅田先生の最高傑作と言えるだろう。これは二人の男の成長譚。片や糞拾いの貧しき極み李春雲、片や良家に生まれながらも厄介者の謗りを受ける梁文秀。稀代の占い師の予言によりそれぞれの未来を予見された二人。時代は明治維新の少し後、所は中国清の時代。時の権力者西太后を中心に、大国の心の表裏、別々の運命を背負いし二人の『御為』が幕をあける。生き様への応援方々、最高傑作への再訪に酔おう‼️🙇

2020/04/01

HIRO1970

⭐️⭐️⭐️浅田さんの長編。19世紀中国清朝の話でなかなか面白そうです。海外が題材なのも驚きましたが、しかも歴史物と言うのも驚きでした。短編よりも若干間延びした感じはありますが、この時代の速さも関係があるのでゆったりとした味があるとも言えます。まだ3冊もあるのでどんな展開になるのか楽しみです。

2014/07/03

レアル

読みやすいし、平易な文章だし、面白い!物語に引き込まれ一気に読んでしまった。時は中国清王朝末期。ある予言を信じ、人生を切り拓いて行く物語の序章。

2013/07/30

ラマジドンジュ

再読。 『天子蒙塵』を読む前に復習がてらに読む。 やっぱり面白い。 あっという間にこの世界観へと吸い込まれる。 春児の健気さがたまらなく愛おしい。

2020/02/25

文庫フリーク@灯れ松明の火

長く積読状態の『珍妃の井戸』『中原の虹』読むため再読。星読みの白太太からおのれの運命託宣された文秀と春児。運命に背を押されるように科挙試験突破して行く文秀。自然に宦官となるはずも無く、宦官生み出す刀子匠の酷い情景。託宣信じ、貧しき糞拾いの境遇から抜け出すために、自ら浄身する春児。男の身からすれば想像したくも無いが、再読でもぐいぐい引き込まれる面白さは健在。

2012/01/01

感想・レビューをもっと見る