読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫)

作家
京極夏彦
出版社
講談社
発売日
2005-09-15
ISBN
9784062751803
amazonで購入する

文庫版 百器徒然袋 雨 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ちょろこ

笑いしか出なかった、一冊。特殊な能力を持った容姿端麗頭脳明晰な榎木津探偵を主軸に描かれた薔薇十字探偵ワールド物語。とにかくくだけていて読みやすい。榎木津はもちろん、下僕ズを含めてそれぞれのキャラが満遍なく描かれ、誰に対してもクスッと笑いしか出ない。キャラが際立つスピンオフものは面白いなぁと改めて実感。そして「〇〇事件」と出てくるとやっぱり京極堂シリーズを読みたくなる。どの事件も榎木津が引っかき回しながらも、終わり良ければすべて良し。タイトルの「雨」も「晴」に変わりそうな爽快感と明るさも良かった。

2019/07/14

優希

面白かったです。薔薇十字探偵社の活躍する3編の物語。薔薇十字探偵というより榎木津が仕切った事件の数々。推理はしない榎木津の行動がまさに痛快という感じでした。益田くんや関口くんは元からですが、秋彦さんや木場、伊佐間、マチコまで皆が巻き込まれていくのが笑えます。秋彦さんは唯一下僕扱いされていないせいか、迷いや戸惑いを見せながらも芯を通しているのが凄いです。益田くんが刑事時代と比べると鈍い感はありますし、完全にバカオロカ扱い。ハチャメチャで痛快で楽しいし、薔薇十字探偵ファンにはたまらない1冊でしょう。

2016/08/18

レアル

短編集。やっぱりこのシリーズは京極堂さんがいなければ読んだ気がしない。またハチャメチャな榎さんが主人公でしっかりと笑わせて貰った。テンションの低い時のこの痛快感はホントに嬉しい。一気にテンションが上がっちゃう。何で榎さんがメインになるだけでこんなに明るい話になるのだろう。。榎さん無敵過ぎる!

2014/09/29

よむよむ

再読。いつのまにか始まった京極祭り。読み始めたらあの作品もこの作品も読み返したくなる。今作は榎木津礼二郎、大活躍の中編三編。薔薇十字探偵社に持ち込まれた依頼を、推理をせず特殊能力を足掛かりにハチャメチャに引っ掻き回し、破壊し、それでも最後は丸く収める離れ業が見事だ。いや最後に収めるのは京極堂か。もうとにかく痛快で爽快、暑さも吹き飛ぶほど楽しんだ。

2019/07/31

はらぺこ

オモロかった。暗い事件でも憑き物が無いだけでこんなに明るく感じるんやなぁ。 語り手の本名は全く気にならんかった。どうせ今後登場しても榎さんには名前を覚えてもらえんやろうから最後まで名前が分からんでも良かったかも(笑) なんやかんやと言いながら京極堂もノリが良い。旧制高校時代の話も読んでみたい。 そういえば、風鈴が鳴ってない気がする。いつもとは逆に煩いほど風鈴が鳴ってても良かったような気がする。

2011/08/17

感想・レビューをもっと見る