読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

翳りゆく夏 (講談社文庫)

翳りゆく夏 (講談社文庫)

翳りゆく夏 (講談社文庫)

作家
赤井三尋
出版社
講談社
発売日
2006-08-12
ISBN
9784062754699
amazonで購入する Kindle版を購入する

翳りゆく夏 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

三代目 びあだいまおう

まさか!鳥肌が立ちました!予想などできるはずない驚愕の展開!生後間もない赤ちゃんが病院でいなくなった。誘拐犯は身代金の受け取りに成功したが直後に逃げる車ごと崖から落ち死亡。赤ちゃんの生死や行方もわからぬまま捜査は終幕。20年が経ち、誘拐事件の犯人の娘が優良一流企業の新聞社に内定し、その背景が雑誌にリークされる❗ふとした鶴の一声で当時の誘拐事件を再調査する元記者の梶!過去の関係者達に地を這うように当時の話を聞いてゆく梶!やがてたどり着く驚愕の真実❗ずっと積んでた本書だが改めて思う。積ん読は宝の山だね‼️🙇

2019/02/28

しんたろー

赤井三尋さん初読み。20年前の新生児誘拐事件を再取材する窓際新聞社員・梶を中心にしたミステリは、地道ながらリアリティある展開で、この手の王道と言える作風…身代金受け渡しシーンは緊迫感があって惹き込まれたし、丁寧に真実を追う梶にも「地に足の着いた」推理小説という印象で好感。梶の上司や新聞社社長など周囲数人の心情も巧く描いていて群像劇的要素を大いに楽しめたが、肝心の梶の気持ちが描き切れていないのが残念。それでも、哀しく切ない人間模様はドラマ化されたのも納得の出来で、江戸川乱歩賞の名に相応しい正統派だと思う。

2019/09/15

zero1

多くのことを考えさせる作品。読友さんのレビューで関心を持ち読んでみた。20年前の誘拐事件を再調査するよう東西新聞社長から命じられたのは過去の事件で左遷された男、梶。優秀な内定者は誘拐犯の娘だった?週刊誌の記事から物語は始まる。梶は元刑事などの協力を得ながら事件の真相を知る。事件の核心は中盤までで予想できた。粗く甘さはあるものの、さすがは乱歩賞作品。被害者夫婦に事件の終わりはないなど描き方が上手い。読者を引き込む術を知っている。作者はニッポン放送記者(現フジテレビ)。

2019/03/02

修一郎

窓際中年記者が,時効済みの20年前の事件を追うことに… 魅力的な社長を始め,一人一人の登場人物像の作りこみがしっかりしていて,リアリティを損なわない。徐々に真相に近づいていく展開は緊迫感あり。再調査のきっかけが[葉山様]というところは引っかかったけどね。丁寧に読んでいくと,帰納的に犯人はわかるが,そこは無理に伏せることもしておらず,正直な構成、玄人好みの気持ちのいい文章だった。面白かったぁ。ちなみに私は「エピローグ不要」派です。

2015/02/24

🐾Yoko Omoto🐾

第49回江戸川乱歩賞受賞作。20年前に起こった嬰児誘拐事件。その犯人の娘の大手新聞社入社内定をきっかけに社内で事件の再調査が行われ、驚愕の真実が明らかになる。著者の経歴を生かした新聞社の内部事情や人間模様は興味深く、デビュー作とは思えぬリーダビリティに長けた文体とテンポの良さに引き込まれる。現在と過去の場面転換がややスムーズでない、堀江が事件以降真相を暴露しなかった理由が不明瞭、如何にもなエピローグ…など気になる点はあるが、真相の意外性と根底に流れる悲劇、伏線の撒き方から回収に至るプロセスは秀逸。

2014/01/22

感想・レビューをもっと見る