読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

彼女の部屋 (講談社文庫)

彼女の部屋 (講談社文庫)

彼女の部屋 (講談社文庫)

作家
藤野千夜
出版社
講談社
発売日
2006-10-14
ISBN
9784062755412
amazonで購入する Kindle版を購入する

彼女の部屋 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のせ*まり

日常って、劇的なことが起こるわけじゃないけど、気持ちがざわつくことの連続だと思う。例えば、話好きな隣室のおばさんに捕まってしまった時のめんどくささとか、さして親しくない知人と必要以上に関わらなければいけなくなった時とかに、ふっと生まれる。ただ、私には、そんなどうしようもなくめんどくさいものが恋しくなる時が瞬間的にある。この瞬間こそが『生きること』なんだと思う。煩わしいのに愛おしい、そんなことに気づいたのは、きっと、藤野さんの視点が、クールで、そして暖かいから。

2017/08/12

巨峰

短編集とはいえ、あまりにもあっさりしすぎている印象。「父の帰宅」は面白かったけど。どこがいいのかわからない短編が半分だった。女性心理はよく描けている気がする。って、女流じゃないしw

2010/11/15

カピバラ

淡々と物語が進んでいき、なんとなーく終わるという話が繰り返されていた印象。きらいではないけれど、すっごく面白かったというわけではなかった。

2014/01/11

zanta

154/6/1/2016 彼女と部屋 それにともなう関係性とか悲喜こもごも。って言うほど現実的な感じではなく。シュールな感じ。気になるのはお父さんはどうやって帰っていったの!?ということ。どの掌編も、ここに書かれている事より、その後の方が気になる。つまり妙な切り口で後を引く。

2016/06/01

井月 奎(いづき けい)

藤野千夜の大きい転機です。「なにかがおかしくて、どこかに恐怖の種がある。」話から、「なにかがおかしくて、そこかしこに可笑しさがある」話になっています。六作ありますが、三作ずつ仲よく「恐怖」と「可笑しさ」の話に別れています。その「可笑しさ」の話も、ただ可笑しいのではなく、仄かに怖い感じが付きまといます。それは今でも続くこの作家の最大の特色で魅力です。今まで築き上げたものを捨て去る恐怖と闘って、見事に自分の新しい作風を確立した記念すべき短編集で、さらに言えばこの作家の言葉遣いの度胸の良さは特筆すべき点です。

2015/07/26

感想・レビューをもっと見る