読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

幽界森娘異聞 (講談社文庫)

幽界森娘異聞 (講談社文庫)

幽界森娘異聞 (講談社文庫)

作家
笙野頼子
出版社
講談社
発売日
2006-12-15
ISBN
9784062755894
amazonで購入する Kindle版を購入する

幽界森娘異聞 (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あ げ こ

活字の怪、活字の森の中。森茉莉ではなく森娘。評伝ではない、これは小説。めちゃ面白い、笙野頼子の小説の中でも相当にスリリングで面白い。特にⅥ以降!!初めはただ翻弄されるように、やがて『甘い蜜の部屋』の森娘譚、偉いモイラ、対比と収集と検証で興奮、そしてⅥからが凄い、Ⅵから凄い笙野頼子!笙野頼子大爆発、と言った感。こちらのテンション爆上がり。この辺りから笙野頼子の文章が勝り出す気がする。まさに超えて行く、突き抜けて行く瞬間を目撃したような気がする。引用し、引用し、的確で効果抜群の怒涛のツッコミ的ディテール重ね…

2021/05/03

びっぐすとん

今年初めての挫折本。初読作家さん。頭痛くなった。森娘は日本人なら知らぬ人はいない明治の文豪(えっ当然判るよね←作者のマネ)を父に持つお嬢様。とはいえ私も名前を知ってるだけで作品を読んだこともなく興味もない。だからこの作品のノリで森娘を語られても全くついていけない。元祖天然キャラだか、やおいの元祖だか知らんが、熱いテンションの文章が酔っぱらいの説明を聞いているようで意味不明である。最初の一冊目にこれを選んだのは失敗だったか。佐藤亜紀さんの解説が佐藤さんの作品並みに難解で、助けにならない。何もかもお手上げ。

2019/02/09

安南

初、笙野頼子。独特な語り口に魅了されました。おもしろいです。もう、笑いどころ満載。森娘=桃井かおり説とか、檀ふみに至っては、爆笑!(我が人生で一番目撃回数が多い芸能人檀ふみ!)幸田文との文豪娘対決!『痴人の愛』やら『真夜中の天使』やらコテンパン!このノリで近代文芸史なぞ書いてくれたら楽しそう。作者の森茉莉に対する愛情もたっぷり感じられました。

2013/04/27

記憶喪失した男

天才作家らしいが、やおい本の元祖についての評論なんかを男のおれが読んでどうするというのか?

2017/10/10

パヤパヤ

意思なき物質・資産として扱われてきた女子という社会的歴史的事実を女子の書き手はいかに認識しかつ自己の身にひきつけて表現したかという問題を、笙野は「女子の生が売春と結婚から逃れうるか」として展開。この資本・物とされてきた女子性とは奴隷制の名残であり、これを奴隷から最も遠い筈の森茉莉・再重鎮文豪の(しかし)娘の作品に結実した才覚とそれとは裏腹な実人生での自己所有失敗・難例(自我とは最も値張るやはり商品よって所有するにはやはり金が要るという社会科学)を題材にこれは実は作者の見事「鍵のかかる部屋」サンプリング。

2012/09/02

感想・レビューをもっと見る