読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

密室の如き籠るもの (講談社文庫)

密室の如き籠るもの (講談社文庫)

密室の如き籠るもの (講談社文庫)

作家
三津田信三
出版社
講談社
発売日
2012-05-15
ISBN
9784062771528
amazonで購入する Kindle版を購入する

密室の如き籠るもの (講談社文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紅はこべ

表題作は長編と言って差し支えなし。『三つの棺』の密室講義、意外な犯人の正体はクイーンの某名作を連想させ、探偵は多重解決を示し、関係者のためにあえて真実でない方の真相を選択するというのは、クリスティの某名作を…ところで裏の雑木林には何があるの?子供に近づくなというのは、近づけと言ってるようなもの。刀城言哉はイケズだ。「隙魔」が最もミステリっぽく、「迷家」がお話として一番面白かった。「首切」は元々の連続殺人の動機がはっきりしないのが恐ろしかった。

2017/04/09

勇波

刀城言耶シリーズ中短編集です。。短編集であっても二転三転しながら見事に着地するいつもの展開はさすが。あと割り切れない怪異が残ったままのところも。。ここに来て祖父江偲さんの関西弁に癒されます。いつの間にか際立ったキャラになってる。最後の刀城から巌君への手紙で、何かあったら祖父江偲へ連絡を取るようにと伝えるも、「色々訊かれると思うけど、『無視』しましょう。」って。物語が台無しになるくらいウケました★

2016/04/28

ヒロユキ

あくまで刀城言耶シリーズは推理小説的ガジェットや土俗的なホラーや蘊蓄が詰まりに詰まった長編向きだなとは思いつつ、短編は短編なりのよさを感じました。各話ごとにバカミスらしいトリックや短編らしい構成、肝を冷やすような怪談とスッキリしていて読みやすいのはこちらかなと。「首切」「迷家」「隙魔」「密室」とどれも面白くて甲乙つけがたいくらい好き。

2013/06/25

コス

読むのは初の作者(^.^) 表紙のインパクトで買いました(^〇^) ホラー要素もありますが、最後は合理的解釈で終わらせる所が良いです(*^^*) この作品は短編集ですが、刀城シリーズは長編が基本みたいですね\(^^)/ 今作に関してはトリックが少々強引な気がしましたが、話は結構思いのに刀城言耶の性格がそれを調和しているみたいで良かったと思います♪

2012/07/02

カナン

短編なので仕方ないのでしょうが、毎回登場する偲のキャラクターが少々鼻につくかな。関西弁自体は好きですが、興奮すると人の話を遮って好き勝手にまくしたてるという女性が、有能で知性的である設定は個人的には好きではありません。特にいなくてもストーリー的に困らない人物が出しゃばってくるのは少々興醒め。此処は好みの違いですね。しかしながら表題作は良かった。小さめの絡繰り箱と聞いて真っ先に「コトリバコ」を連想しましたが、狐狗狸さんをテーマに、怪奇な死が続く謎めいた蔵というのは異様に映えますね。やはり長編向きの作家です。

2016/09/25

感想・レビューをもっと見る